嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
もう、答えはどこにもない
2012-04-30 Mon 16:18
私の人生には決まった道がない。

そう思う人がたくさんいれば、社会学。

皮肉ですな~。

昨日は彼氏さんと通話をしながら、一緒にネットを使って将棋や麻雀をしました。
いろいろ教えてもらいながら。
なんというか、彼氏さんがいろいろ教えてくれるというのは、とてつもなく幸せなことだと思う。
彼氏さんの本帰国後、私が注文した本棚が届いたら、組み立てるのを手伝ってくれると言ってくださいました。
そんな特別なことじゃないのかもしれないけど、そのことは私をとても幸せにさせてくれます。
そのことを考えるだけで幸せ。
どうしてかはわかりません。

麻雀をしようと言ってくれたのは彼で、しかし私は全くルールを知らず、彼もあまり知らないようですが少しずついろいろ教えてくださって、二人でコンピューターと戦っていました。
面白いですねw
お互い、「麻雀は不良のすることだ」という認識があった、にもかかわらず、やっぱり興味はあったんだな、みたいなw
役の作り方や上がり方、点数の数え方など、まだまだ知らないことばかりですが・・・
まぁ少しずつね、絶対何かお金を賭けたりはしないと思いますが、覚えておきたいなと思いました。
今日も二人で少し麻雀をして、そして今日はチェスをしました。
結果は引き分け。
私は考えが浅いままホイホイ駒を動かしてしまうことがあり、後半は考えに考えて打っていましたが、前半かなりの痛手を負いました。
彼は初チェスだったので、それで引き分けというのは私が弱いということなのですが・・・
彼の頭がいいということにしておきましょう!!

彼には「詰将棋をすると、将棋強くなるよ」と教えていただいたので、早速買ってこようかな!?
詰めチェスとか、あるのかしら・・・??

もうちょっと強くなりたいですー><
考えが足りないんだけど・・・^^;

今日はーアカペラの曲を貼ります><
RAG FAIRの「マジカル恋のパワー」という曲です。
アカペラサークル時代にやった曲です、楽しかったなw
RAG FAIRは、恋のマイレージがとても有名ですよね><
でもこの曲も明るくて面白いですよw


スポンサーサイト
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ウーピー・ゴールドバーグという単語を聞く度に思い描くのは、キューピーコーワゴールド。
2012-04-28 Sat 12:00
1か月ぶりのツイートまとめ。

・髪切った後、弟に「AKBみたいになったね」と言われたけども、AKBは48人以上いるので、「AKBみたい」と言われても反応に困ります。

・一度許したことをぐだぐだ引きずるとか私らしくない…と思いきや、よく考えると結構私らしいことなのでした。

・おばちゃん占い師って必ず「どこどこの母」って言われるのどうして?見てもらった人はみんな兄弟になっちゃうの?

・隣に座ってるゆるふわ就活生集団が、本八幡を「ここ発展してるね」って言ってるwww
・昨日電車のゆるふわ就活女子(笑)ご一行が本八幡を「ここ発展してるねー!」と言っていてそれはそれはびっくりしたけど、確かにハッテンはしてるかもしれない。

・猫アレルギーや犬アレルギーがあるなら人アレルギーもいそうだと思ったけど、別に猫アレルギーの猫はいないから人アレルギーの人もいないか。でも人アレルギーの犬とかはいるかもしれないのかな?

・彼氏さんが「土耳古」を「どじっこ」と読んだwwwww
・正解は「トルコ」です

・ポッキーゲームはどうやって勝敗が決まるのかについてひたすら考える。どうやったらどちらのほうがたくさん食べたのか測れるか。

・Tバックが「ボトムスに下着のラインが響かないようにするためのもの」だと知ったときは、心底安心しました。

・死ぬ前に1度は、道端で「似顔絵描きます」みたいな人に頼んで描いてみてほしいと思う。でも将来きっと娘が生まれたら、いっぱい書いてもらえるのだろうなとも思う。

・いっぱい食べる女の子ってとても可愛いよな、とつくづく思う。

・J‐POP聴いてると、恋は一目惚れでなくてはならない気がしてくるから変なの。「一目見てから…」みたいな歌詞が腐るほどあるけど、その作詞者の中で本当に一目惚れしたことある人はどのくらいいるんだろう。

・ふと、なぜか「スイカ(果物)はどうしてあのような模様なのか」という疑問が湧いた。

・森ガールという言葉は、森での生活の苛酷さを冒涜している。

・森ガールを志す人々の好きな映画は、もちろん「もののけ姫」だよね?

・隣のおじさまとおばさまが最近の人は電車での座り方がなってないみたいな会話をしてるけど、私はみっともなかったり他人に迷惑をかけたりしなければある程度楽でもいいと思うし、古きよき時代を懐古するのはいいと思うけれど、頑固であることは違うかしら、と思う。

・傘っていう漢字は、かさみたいなものに人が4人も入っているけど、実際相当大きい傘でも3人が限度。

そんな感じ。
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Don't abandon me.
2012-04-27 Fri 09:52
小さなころから、雨は好きではありませんでした。
濡れるのが好きではないし、
外で遊べないし。

私は高校生の時、幼稚園にボランティアに行ったことがあるのですが、そこで一番覚えているのは、「先生、見てて!見てて!」って言って、子どもたちがジャンプしたりして見せてくれたこと。
自分がどれだけ高くジャンプできるか、とか、ジャンプしてくるっと1回転できること、とか、子どもは全部大人に「見てて!ねえ、見ーてーてー!!」と言います。
そのことを思い出すと、「いいなあ」とぼんやり思う。
その、子どもが「ねえ!ねえ!見てて!」って言っていろいろなことをして見せてくれるというのも、いいなあ、と思う(逐一褒めるというのは、意外と疲れるものなのですけどね)。
ただ私が何より「いいなあ」と思うのは、子どもが「見てて!」って言えること、それ自体。

いつから私たちは「見てて!」って言わなくなったのでしょうか?
「見てて!」と言わなくなった後の、「見ないで!」の時期は、反抗期、とか難しい年代、と言って、よく教育で取り扱われる話題なのですが、幼児期を経て「見てて!」と言わなくなる時期というのを、私は聞いたことがありません。(いや、もしかしたら教科書に案外簡単に載ってるかも)
ただ、大きくなって、(大人になっても、)「見てて!」と言わないからといって、見ててほしくないのかというと、違う気がします。
むしろ、大きくなってしまったのでなんとなく「見てて!」って言えない。
でも本当は「見てて!」ってすごく言いたい。
そんな人がとても多いような気がします。

だから、「見てて!」って言えない人を、なるべく見ててあげられる人になれたらいいな、と思いましたが、人一人が見ていられる人の数って、そんなに多くないんです。
いろいろして見せてくれる子どもを逐一褒めることが意外と大変なように、しっかり見守っていてあげることって、大勢の人に対していっぺんにしてあげられることではない。
それが、なんとなく、残念なのです。

ただ、見守ってあげるときは、本当に「見守っててあげる」だけで効果アリ、だとは思います。
なにか特別なことをしつづけなくてはいけないのではなくて、物理的には見続けることは難しいけども、そうではなくて、精神的に、見守ってあげること、話を聞いてあげること、応援してあげることが大切なのだと思います。

「見てて」って言わないけど本当は見ててほしい、って、さびしいことですね。
大人も「見てて!」って言えばいいのに。
みんなで幼児返りしようぜ。

なんだろう、
私が「浅く広く」よりも「狭く深く」の人間関係を好むのは、
そんな理由もあるのかもしれませんね。

と、そんなことを考えたのでした。

ただ、子どもはやっぱりほっとくと危なっかしいことをしまくるので、命の危険すらあるようなことも平気でしちゃうので、ある程度ガチで見守ってないと危ないかもしれない、ですねw
成長度合いの様子を見て、少しずつちょっと危ないことにもチャレンジしてみるのもいいのだと思うので、頭ごなしになんでも「危ないことはだめです!」っていうのもね、よくないと思うのですけどもね。
やっぱり多少のけがはするものだし、けがをしていろいろなことを学んでいくのだから、痛がってる様に同情はしても、モンスターペアレントみたいにはならないでほしいですねw
そういう人って、例えば自分のせいで子どもをけがさせてしまったらどうするんだろう?

そんな今日この頃。
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
悲しみを秘めながら
2012-04-26 Thu 08:49
なんというか・・・
「自分はほかの人とは違う」と思っている人は、きっと、「最近の若者」を中心に、多いことだろうと思う。
そして、多くの場合、それは事実ではなくて「違ってありたい」という願望にすぎないかもしれない。

他の人と自分は違うと思っている人で、ときどき、本当に雰囲気が若干違う人がいる。
「私はほかの人とは違うんだよ。オーラがなんか違うでしょ」といわんばかりにふるまったり・・・なんというか、少し、周りに対して攻撃的であるように感じられる。私には。
でも、やっぱり、それも願望のうちなのだと思う。
他者への攻撃性によって、自分と他者が違うことを示すのは、少し幼稚であるし、その攻撃性というのは「他者と同じでありたくない」という不安からくるものなのかもしれない、と思う。

本当にほかの人と違う人は、他者を攻撃したりしない、というのが持論です。今朝、シャワーを浴びながら思いついた、持論。
無論、「私は他の人と違ってありたい」という人が、実際に他者を攻撃しているところを目撃したわけではないし、そんな人はとても数少なで、もしかしたら実際に攻撃してしまう人は本当にほかの人とは違うかもしれない。
ただ、その人が醸し出す雰囲気が、少しだけ攻撃的なのだと思う。
おそらく、なんとなく「何かされたわけではないんだけどこの人ちょっと苦手かも」と思う人が身の回りにいたら、思い浮かべてくだされば、少し当てはまるかもしれない。
私自身も当てはまっているかもしれないw

他者を攻撃。
無意識にしてしまうことも多いと思うので、
気を付けていきたいなぁと思います・・・orz

そんな今日この頃。

今日は・・・
昨日なんとなく聞いていたら、耳から離れなくなってしまった、この曲を貼ります。


別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
君は出会う
2012-04-25 Wed 17:36
髪が中途半端に伸びてきました。
あともう少ししたらもう一回切って、伸ばしていこうと思います。
ボブの方がのばしやすいんだよなー。

今さっき、バイトのお給料口座から、貯金用のゆうちょの口座に10万円移してきました。
貯金はうまくいくのでしょうか?
来月は貯金できないとして、再来月からあと今年のお給料日はあと7回。
そこで2万円ずつ貯金できれば年末には27万円できている予想。
いいよ、大学3年生の平均貯金額50万円とか関係ないもん!!
みんな絶対水増ししてるでしょ・・・(´・ω・`)

今月は、さきほど通販で本棚を買ったので、来月請求が来て・・・
よく計算をして、買いすぎないようにしなくてはいけないですね。
あと大きなお買い物を一つするつもりなのですが、下見をまだできていないので・・・
なかなか時間がなくて、できないんですよね。
今週は明日図書館に行きたかったけどインターンシップガイダンスが6限にあったので、お昼休みに行くしか。。
明後日だと少し遅すぎる気がします。プレゼンの準備。あと2週間。
ゼミと教育調査実習、どっちもあると大変ですね。
でも3年生の仲間はたくさんいるので頑張ります。
明後日の大学帰りに、下見行けるかな?

教育調査実習では、今女子トイレの個室の埋まる順番の規則性について調べています。
これ、男子トイレと女子トイレで違うらしいのですが、男子トイレには入れないので、班は全員女の子だしということで、女子トイレについて、ということに。
今一つ全員で共有している事実は、左右に、手前から奥に向かって個室が並んでいる場合、左側の方が圧倒的に利用率が高いということです。
これは人の習性によるものなのか、それともトイレの個室のつくりによるものなのか。
ここが今後の調査のポイントですね。
あと、複数人で(友達どうして)トイレに訪れた場合、みんな近い個室にまとまって入るのか、わざと散って入るのか。ここが個人的に今気になっています。

本棚早く来ないかなー♪
昨日画びょうを買ってきたので、今持っている木製フォトフレームに二つずつ刺して、麻ひもで壁につるしてあります。
フォトフレームは二つあって、一つは京の写真、もう一つは彼氏さんとタイムズスクエアで撮った写真♪
画びょうがさせない置き型の写真立てには、美穂が作ったギターの写真を飾ってあります。
本棚があればもっと私のお部屋はすっきりするんですよ!本当ですよ!
・・・一時的に、ねっ

部屋が汚くなるたびに本棚買うわけじゃないですよー。
てゆか私が本を売ればいいのか・・・でもな、本って手放しにくいw

そんな今日この頃。

今回は好きな合唱曲を載せてみますw

別窓 | 日々の彼是 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
僕は普通です
2012-04-23 Mon 10:01
部屋のお掃除をしています。
掃除機をかけて、クロゼットをどかして、裏や下の埃を取り除く。
終わった時部屋を見ると、10分前より輝いて見える、なんていうことは全然なくて、
少しすっきりしたかしらという程度。
そしてそのすっきりしたのは、箪笥の上のぬいぐるみたちが今はベッドの上に避難をしているから。

いらないものを全部捨てたい。
しかしそれは少しリスキーだったりする。精神的に。
なにが必要であり、なにが必要でないのか、その時点でわかっているものとそうでないものだと、そうでないものの方が多い、と私は思う。
だから、「これはもういらないな」といって捨ててしまうのは、未来の可能性を捨ててしまうことと同じような気がするのです。
でも、何か捨てるということは、何かを受け入れる準備をすることでもある。
だから、厳密にいうと、未来の可能性を捨ててしまうというよりは、違う未来を受け入れる準備をしているという方が、近いのかもしれない。

でも、違う未来はいつ来るかわからないし、目先の未来は安全そうに見えるかもしれない。
かくかくしかじかの事情があって、物を捨てるのが難しいことがあるようですね。
どんな未来がくるかなんてわからないし、
いろいろなものを捨ててしまっても案外未来というのは変わらなかったりする。

私のとある先輩は、
「人生はなるようになる。
でも、逆に言うと、なるようにしかならないんだよ。」
とおっしゃっていました。
この言葉をどう解釈するかは自由ですね。解釈しようとしないのも、大いに自由です。

なくてもよい、もしくはない方が良いなにかにとても執着している場合、
捨ててしばらくはとてつもなく辛いかもしれない。
でも長い目で見れば、それでよかったと思う日がいつか来るし、
次に同じことが起きても捨てる勇気を持てる。
そしたら案外未来は変わらない。
そこで捨てられないのは、
もしかしたら助言をくれた人や、自分の理性のことを、心から信じきることがまだできないでいるのかもしれない。

なにかを捨てるのには練習が必要だし、
なにかを大切にするのも練習が必要だし、
自分を整頓するのにも練習が必要。
全部、練習、練習、練習。
そして成長は目に見えない。

いらないもの、と、無駄なもの、は、違うと思っている。私は。
無駄なものもいらなくなかったりするから。
人によって「無駄」も「いらない」も定義はそれぞれだけれども、もしくは定義なんてするまでもないあやふやなものだけれども、いらないものは本当にいらないのだと思う。いらないものがいるというのは日本語としておかしいし。
ただ無駄なものがいらないかというと、無駄なものがあるから落ち着くこともあるし、無駄なものがあるから、無駄じゃないものが引き立つこともあるし、もちろん無駄であり、かついらないものもあるだろうと思う。ただ多くのケースにおいて、無駄なものは豊かさの象徴である、から、きっと無駄なものが何一つないと不安を覚える人は多いのではないでしょうか。
私なんかは、そうだな、無駄にたくさんアクセサリーがあったりする。
極論で言えば、一つずつでいいはずなのに、もしくはつけなくたっていいはずなのに、あって、その一つ一つはどれもいらなくない。
服もそう。考えようによっては、生活するうえで不自由なく暮らせる必要最低限以上、のものは、無駄だともいえる。
しかし無駄は大事である。精神的にも、社会的ポジションの象徴、つまり、見栄のためにも。

なーんか難しく考えてたら頭おかしくなりそうだなぁー
ただ部屋掃除してただけなんだけど。

とりあえずぬいぐるみどうしよ。
この子らこそ、無駄、だけどいらないかと言われると・・・微妙なラインなのです。
部屋のレイアウト的にはいらないんだけどねー。


好きな曲をちょっと貼ってみます。
未来の話をしていたら、聴きたくなったので。



こんな雰囲気が好き。
そんな今日このごろ。
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
わたぼこりのつくりかた
2012-04-21 Sat 10:15
私は「いつか嫌われるだろう」と、そう思っている。
嫌われたくないその相手、本人が発してくれる「ずっと好きなのは変わらない」でさえ、やはり心から信じきることができていない。
こんな私は、いつか嫌われるだろう。
悪循環。

「ズットイッショニイヨウネ」
この言葉は、世の中にたくさん存在するカップルの半数くらいにとって、つまり多くの人にとって、あいさつみたいなものだ。
なにがこの先起こるかわからない、
もしかしたら一緒にいられなくしてしまうのは、発した本人かもしれない。
そんな残酷な可能性を残して、「ズットイッショニイヨウネ」。
約束じゃない。あいさつ。

私は長い間ずっと、これは呪いの言葉であると思っていた。
一生放てない言葉だと思っていた。
だって私、裏切ったことがあるから。

永遠なものなんてないだろう、と、いろいろ考えていたとき・・・つまりは死について考え、いつか死ぬことを恐れていた思春期のある日、当時の恋人は私に「ずっと一緒にいようね。」というメモ書き程度の紙を添えて、私にホワイトデーのお返しのお菓子をくれた。
それを見て私は泣いた。ずっと一緒にいられるわけじゃないじゃないか、と泣き、そしてこんな私なのにずっと一緒にいることを許してくれる人がいるのだ、と泣いた。
その当時、学校のクラスでは浮いていて、家を出てから帰宅するまで一言も発さないことも珍しくはなかった私は、とてもさみしがっていたのかもしれない。

彼は私を大切にしてくれた。いや、大切だったのかはわからない。執着かもしれない。
彼は私を愛でて束縛もよくして、独占しようとして、しかし周りには体裁をとりつくろって、それが周りにばれてしまいそうになると、または私が反発すると、暴力も振るったりした。
独占というのは本当で、インターネットでの他者との交流もしてはいけなかったし、
そんなことはおろか、どうぶつの森を遊ぶことも禁止されていたwwwこれは笑うww
だけどさすがに私も限界で、必死の口論の末に、どうぶつの森は許可をもらった。私は狂ったように没頭した。今思えば、あれはゲームの中では自由だったからだと思う。
他の人と話したことも、インターネットで交流があったことも、全部黙っていればいいじゃないかと、今になって思う、けどやっぱりそれできないんですよね。もしばれたら殺されていただろうし。
まあ、ある日別れました。割と簡単な理由で。
私にほかに好きな人ができたので。
「俺は束縛とかあまりしないタイプ」とおっしゃっていた、彼の友人をいいなと思ってしまって。

もっとこんな重症になる前に、別れておけばよかったと思う。
だけど当時は、これさえ我慢すればずっと一緒にいてもらえる、と思うと、なんだって我慢しようと思えた、から不思議。
みなさんマインドコントロールとか気を付けてくださいねー。
暴力は依存症になりますからねー。する方はもちろんですが、される方も依存症になりますからねー。

ちなみにこのブログを作ったのは2007年の1月27日のはず。
別れてすぐに作ったので。もう。その日のうちに。自由を高らかにうたいながら。

別れて数日は、殺される覚悟で登校し、「もしかしたら殺されるかもしれない。」と仲の良かった友人に泣きついて緊張の学校生活を送っていましたが、数日たって、どうやら殺されなさそうだということがわかって、精神面でも安定してきました。
私の気持ちに気づいていた彼の友人には丁重にお断りされ、部活に専念しようと思いしばらくたった後、その彼の友人に
「彼はあなたと別れてから5kgも痩せてしまってとても辛そうです。どうかよりを戻してくれないか、僕からも頼む」
と言われました。
卑怯ものめwww
なんだろうなー
そのあともいろいろあった気がするんですけど、「悪いことをしたと思っている。これからはもう辛い思いはさせないからもう一回やり直そう」とも言われたのですが、まぁお断りし続け、今に至ります。

今はもう怒ってはいないのですが、
辛かったなぁ、とは思います。

彼は私を本当に好きだったの?
いうことを聞いてくれる操り人形が欲しかっただけじゃないの?
だって私は行動も思想もなにもかも規制されて、
あの時の私は私ではなかったと思いたい。
誰でも、よかったんでしょ?
・・・なぜ、私でなくてはいけなかったの?

誰も答えをくれない問いに、向き合うのはもういやだ。

とてもとてもつらい時期だったはずなのに、
否、つらい時期だったからこそ、暴力依存症だったからこそなのだけれども、
「あああ、彼を傷つけてしまったんだな。」とか
「私のせいで彼は痩せてしまったんだな。」とか

「ずっと一緒にいようと言ったのに、私がだめにしてしまったんだ。
私のせい私のせい私のせい」

っていうのが、多分心の中のどこかでまだ残っているのだと思います。
まだ、自分を許せていない部分が。もう裏切りたくない。この世の私以外の人が全員「それは裏切りじゃない」と言ってくれたとしても。

ほぐしたいなぁ。

頭では彼が悪いとわかっているのですよ
私でなくてはいけない理由が見つからないとしたら、悪いのは彼なのです。

まあ、あれです、でも、どうぞお幸せになってください。皮肉ではなく、心から思う。
まだお礼は言えない。いや、復縁をお断りする際に「ありがとう」は言うのだけど、ふと昔のことを思い出したときに、お礼などでてこない。いつか言うことができるようになるかもわからない。

ただ私は今もっとお礼を言うべき大切な人が、いるので。
私の今大切な人は私の過去のいろいろな「辛さ」でできた数々のしこりを、ゆっくりほぐしてくれます。おそらくは、本人の意図しないところで。ただ一緒にいるだけで。
だから私は、今でこそ心の底100%からではないけれど(大切な人、ごめんなさい)、でもなんと心の底80%くらいから、「ずっと一緒にいたい」ということができるようになりました。
私の中では大きな成長です。
やっぱりまだ怖い。
だから私は抱きつきながら、大切な人に問う。
「死ぬまでつきまとってやるー」
「いいよ。」
「死んでもつきまとってやるー」
「いいよ。」
「墓の中までつきまとってやるー」
「いいよ。」
「ずっとずっとつきまとってやるー」
「いいよ。」
答えが返ってくるたびに、新たに問うたびに、怖くなるし、悲しくなる。いつか肉体がなくなる日を恐れて。
飽きる瞬間なんて来ないことはわかっている、私は少しでも長く、息絶えるまで、この心音を聞いていたい。

心の底100%から言える日は、きっと近いだろう。
うまく行かないこともあるけれど、これからもよろしくお願いします。


・・・とね。少し携帯小説のようになっちゃったな。スイーツ(笑)
今まだトラウマは多いと思う。まず自覚していくのが第一歩ですね。
はじめの一歩を踏み出すのが一番難しい。何にしてもそうだ。
今日は夕方に美穂に会いに行く。
久しぶりで、とても楽しみ。

そんな今日この頃。
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
経験則
2012-04-20 Fri 07:20
女の子の中は悲しい経験則でいっぱい。

あの人は私に浮気をしたからまた私は浮気をされるだろう、とか
あの子の恋人も浮気をしていて悲しんでいたなぁ、
あの人は浮気をしなかったけれど、もっと長く付き合っていたらわからなかったわ、とか
つまり男性ってみんな浮気するのよ。
私の恋人に限って浮気をするわけがないわ。と思っている女の子は、浮気しているのを知らないんだわ。
みたいな。

それにもっともらしい理由を並べて、あたかも正論であるかのように仕立てて、
新しい女の子に経験則をプレゼントする。

もちろん男性一人一人性格は違うし、全部ひっくるめて「男性は浮気をするもの」と決めつけるのは、男性全員に失礼であると思う。
でもある意味社会学なのかもしれないですね。全体の統計をとるのは。
しかし疑っていてはきりがない、疑うことで浮気をされてしまうことだってある、からどーんと構えていなくてはいけない、悲しい経験則。
束縛じゃ浮気は防げない、ということを知るのはとっても簡単である。
でもいざ不安に押しつぶされたときに、ちゃんと束縛をしないでいるという判断をし、実行するのは、ちょっぴり難しいのかもしれない。

世の中の女の子の悲しい経験則の集大成、「男は浮気する」にも少なからず、私だって影響を受けてるし、不安がなくなるわけではない。
私にも経験則があるから。


私は温かな経験則がほしい。
私は、男性女性のくくりにかかわらず、誰かに必要とされるに値するという経験則がほしいし、
必ずしも男性全員が浮気をするわけではないのだ、むしろほとんどの男性はしないのだ、みたいな認識を得たい。
(あえて経験則とは言いません、これから経験するのは今の人一人でありたいと思うので)
それを得るためにはやっぱり努力というのも必要だと思う。

気が遠くなりそうだ。
難しく考える必要もないのだけど。


いや、別に浮気されているわけではないですwwwww
でも周りの話を聞いていると、私もいろいろ考えてしまいますよね。

みんな悲しいニュースが好きで、
温かなニュースは世の中に少ない。
もっと増えればいいのに、
増やそうとすると作り話が一気に増えるから不思議ですね。
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
優しくない
2012-04-18 Wed 15:29
「結婚して、たった一つ学習したことがそれだった。正しさに拘泥したら結婚なんてできない。私は夫に、私をどんどん甘やかしてほしいと思っている。正しくなくてもいいからどんどん甘やかして、夫がいないと何もできないというふうにしてほしい。」
(江國香織『いくつもの週末』単行本139頁「甘やかされることについて」より)


春の穏やかな朝日を受けながら、私は静かに、
腰を痛めています。
痛い。しかも、静かに痛い。鈍い。鋭い痛みはつらいが、鈍い痛みも苦しい。

昨日2限に体を動かす授業があって、それからです。
私は無事に今季生きていけるのでしょうか?
授業は楽しいんですけどね。

昨日は弟と履修を組んでる時間帯が一緒なので、一緒に家を出ました。
使う電車は途中で違うので(なぜか)、若干弟の方が早く着くはずなのですが、弟の電車が少し遅れていたらしく、池袋駅の地下道を通って大学に向かっていると、弟が後ろから追いついてきて、声をかけてくれました。
そして一緒に大学へ。

授業が終わり4限のあとに、教科書を買おうかなと思って大学の本屋さんに行くと、弟がいて、また声をかけられ、一緒に帰ることに。
私はもともとお買い物をして帰ろうかと思っていたので、その旨を伝えると、「暇だから付き合う」と言ってくださり。
池袋のパルコに行って、もうすぐ誕生日の後輩のプレゼントを購入。
(同じパルコでも、やはり津田沼の方が行き慣れているので好きですね)
そのあと、ジュンク堂に行って、好きな漫画を全巻大人買い。
3月のライオン買ってきました。
ハチクロはブックオフでまったり揃えますw

お買い物が一通り済んだあと、弟の使う路線に合わせて一緒に帰ってきました。
家の最寄駅に着くと雨足がかなり強くなっていて、自転車だったので家に着くとずぶぬれに。

帰ってからというもの、とてもふらふらしてしまいました。
熱かな?と思って図ってみても、なんと35.4℃。
着替えてベッドにもぐりこむと、ふらふらの原因がわかりました。眠気でした。
今時差ボケで生活リズムがぐちゃぐちゃなので・・・。
昨日は授業では全然寝なかったんですけどね。

しかもそのベッドに入ってまとわりつくような眠気におぼれそうになっていたその時、ご飯で呼ばれて、仕方がないので眠気を振り払い、ご飯の後にゆっくりお風呂に入って、さあ寝ようとしたら、さっきまでの眠気が吹っ飛んでて。
あのまま眠気におぼれてしまいたかったな、と。
とても、気持ちよかったので。
溺死しても、いいくらい。

でも今日は7時間眠れたし、昨日よりはいいはず。
しかし今やはり眠い。お昼ご飯食べたからかな。

今日のお昼は、久々に食材を買いにお買い物に行って、マッシュルームのカルボナーラを作ろうかな、と思っていたのですが、まったりしていたらいいお時間になってしまい、お買い物に行くのが億劫になってしまったため、ありあわせのもので作ってしまいました。
冷蔵庫にあったレタスをちぎって胡麻ドレッシングで食べて、焦がしバターのオニオンスープリゾットを作りました。って書くとちょっとおいしそうに見えますねw
リゾットにはとろけるチーズも入れたのですが、とろけるチーズが本当にとろけているときって、めちゃくちゃ歯にくっつくんですねw
くっつくとかいう問題ではありませんでした。まとわりつくというか、カバーしてましたw今もしてます。。

親が作るご飯はとても量が多いのですが、自分で作っても大して変わらないですね。
しかもほぼ思いつきの実験なので、味も微妙だったり。
今日はどうすればよかったのかなぁ。
多分ベーコンを入れて、塩をもう少し足せば、もっと飽きない味になるはず。
自分で作るお料理って、どうしてもなんだか薄っぺらい味になりやすくて。
材料の種類が多いほど、深い味わいになるとは思うのですが、母親の料理との違いって何だろう。
「出汁の量かしら?」と思って、お出汁やコンソメを多めに入れても、味の深さは変わらないから不思議。

しかし最近母親のカルボナーラの作風が変わってしまったので、自分で作る方が好きなのですが、最近カルボナーラ作ってない・・・というか簡単だからリゾットばっかり作っちゃうんですよね。
今度カルボナーラもつくろーっと。
なんかもっとレパートリー増やさないとなorz

そんな感じの今日この頃です。
別窓 | 日々の彼是 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
支出を見直す会
2012-04-16 Mon 03:59
お小遣い帳をもとに支出を見直す会その2!!どんどんぱふぱふ!

1月・・・約41000円!
お洋服を買って約9000円支出があったのが大きいですね。
あとは友達とみんなでスポッチャにいったりしたものの、それ以外に目立った支出はありません。多少の飲みはよしとしたいので。

2月・・・約41000円
「かなり使っちゃったかも、やばい」と思ってましたが1月とそんな変わらず・・・。
お洋服におよそ6000円使い、友達とも飲み、またライブがあったためそのスタジオに何回か入ったりしたのが支出の要因ですね。なつかしー!

3月・・・約41000円
え、なんなの?月に大体41000円使うように私はできているのでしょうか??
この月は旅行に備えていろいろお買い物をしたり、髪を切ったりしましたね。
あとは母校の成人式があり、その後に飲み会があったりしました。
もはや懐かしい!先月のことなのに。

今年の2月はバレンタインにそんな大したことをしなかったのにも関わらず、出費は順調でしたね。。
去年の1~8月の平均支出は下回っているにせよ、無駄遣いは控えるように気を付けます・・・!
もしかしたらね、今年で貯金30万円行くかもしれないな、なんて思ってうふうふしているのですよ。
・・・ほかの人の平均がどれくらいかなんて知らない!
大学3年の平均貯金額が50万円なんて知らない!wwwww
いいもん、私は私だもん。
まずパソコンを買ったりPSPを買ったりシンセサイザー買ったりマイクロソフトオフィスを買ったりするからですねw
この4つで合計18万くらいになるので。。
うん、本当、私は私なのだなと思う。
まず貯金の数え方が違いますからね。。
私は「完璧に将来に残しておきたいお金」を貯金と考え、ほかに欲しいものがあったらそのために積み立てるお金はまた別の計算にしています。
面倒くさいけど、自分のお金の計算、大好きなのでw
月に少しずつ貯めておいているのですが、他にどうしても欲しいものがあって貯金にお金を回せなさそうな場合は、しばらく貯金を減額orストップする、みたいな。
そこを特に分けずにいる方も当然多いでしょうし、貯金の定義ってよくわからないですね。
でもみんなどうしたらそんなに貯まるんだ?w
みんなパソコンとか買わんの?(´・ω・`)
え、みんな買ってるのかな・・・・
あ、でもサークルとかも入ってるでしょ??(´・ω・`)

私は今年の夏休みは定期券なしで乗り切らなくてはいけなさそうなので、交通費がいくらかかるかが結構な要になってくると思います。がんばろー。
交通費は正直親に甘えたいのう(´・ω・`)
甘えられるの今のうちだし・・・(´・ω・`)

でも今年で30万円というのは本当にうまくいったらの話なので、また友達と旅行に行くかもしれないことを考えると目安は25万円くらいでしょうか。
・・・という取らぬ狸の皮算用をしてわくわくするのが好きです。
といっても学生なので、バイトよりも学業を優先できるようにしないとなんですけどね。
がんばります。

ちなみにかけもちの話はなしになりました(´・ω・`)
オーナーさんがあまりよくない人だったようで、お兄さんもお店をやめてしまったそうで(´・ω・`)
なのでまた今のところ1本でがんばりまする。
家庭教師なくなったしね・・・!

ちゃんと貯金している大学生もいれば、
稼いだ分だけ遊ぶ大学生もいるし、
遊べるのは今のうちだけだ、と考えると・・・
あんまり貯金に気合を入れすぎなくてもいいのかもしれませんが><
ケチケチしすぎずに無理なく続けて行こうと思います(`・ω・´)

そんな今日この頃。
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
旅をするときは一人、それが都会のルール
2012-04-14 Sat 23:46
時差ボケで昼間に眠ってしまう私の、夢に美穂が出てきた。
一緒に写真を撮る夢でした。
なんとなく、幸せ。

気が付くと、いらいらしてる。
いらいらしてしまうことを考えたり、空想したりしている。
例えば、弟が大学で出会って付き合い始めた彼女ができたとして、その人があまり良くない人だったら(彼に限ってはないと思うけれど)、私は姉としてどうしよう?とか。
そんなことを勝手に考えて、勝手にいらいらしてしまう。
生理前なのでしょうか?
しっかりしたいものですね。
何をしても気が滅入る。

時差ボケが治らなくて、お昼に家にいるときはたいてい京と一緒にずっと寝ています。
さっき、旅行に持って行った服の洗濯が終わっていたので畳みました。
出発の日に着て行った服を畳みながら、1日のことを思い出して、夢じゃなかったのだな、これから起こることでもないのだな、確かに過ぎて、もう戻らない日なのだな。洗濯物は戻ってきたのに。と感じました。
もう一回行きたいな。ああ。

京に腕を回すと、京はその腕に前足をかけて、体重を預けてくれます。
私はそれをとても嬉しいと思う。
でも自分は誰かに自分の重さを預けるのが苦手ですね。
とても、重いから。
それをあまり重いと思わないでいてくれる人が確かにいることも、わかっているのですけど、
でもやっぱり私は自分を重いと思う。

多分今はなにをしても気分の晴れない時期なのだと思います。
体の仕組みがそうなんだもの、抵抗するには死ぬしかない。
でも死ぬくらいなら別に抵抗などしなくていい。

明日地球が消えるとしても、きっと今は何をしてもだめな時期だから。
全部全部私のせい?
でも、私のせいで地球が消えるなんてちょっと素敵ですね。
私は、私のせいで地球が消えたら、嬉しくなってしまうかもしれないな。
ただ、これから毎日一つずつ、私のせいでどこかの星が消えてしまうとしても、宇宙に星が一つもなくなるなんてことはないのだなぁ。そう思うと残念。
そうだな、私が死ぬ日に、なにか有名な星が一つ消えたら、十分かな。
シリウスだとちょっと有名すぎて気が咎めるから、北斗七星のどれかもきっと困る人がいるから、天の川のどれか一つだとさりげなさすぎて誰にも気づかれなさそうでつまらないし、カシオペア座のどれか一つとかがいいな。
きっと適度に派手で、適度に困る人がいて、適度に興味を持たれ、適度に興味を持たれないでしょう。
ということでカシオペア座のどれか一つがなくなったら、私が死んだ合図にしましょう。
もしも私が生きている間になくなっちゃったら、そうだな、急いで辻褄を合わせることにしましょうか。
別にカシオペア座がとりわけ好きなわけではないのですけどもね。
私は七夕生まれなんだから、こと座でもいいわけだし。

永遠にあの4月1日が繰り返されればいいのに、と思う。
あの日、私の4月1日は、1日なのになんと36時間ほどもあったのだし、
12時間もの飛行機で過ごした時間は、とても退屈だったけれど、たまらなく幸せだったかもしれない。
私は今何をすればいいのでしょうか。

そんな今日この頃。
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
まだ誰も吸っていない酸素
2012-04-13 Fri 07:57
そういえばニューヨークを歩いているとき、スケートリンクを見つけました。
そこで、彼と友達とわいわい行ったラウンド1の話になって。
ラウンド1のインラインスケートの話をして。
彼「涙がさ、あんまり滑れなかったら、こう、『きゃーっ』っていってしがみついてきたりさ、すると思ったのに、普通にうまく滑っちゃうんだもん・・・」
私「うん?」
彼「『うまく滑れないの』っていってしがみついてきたりさ、手をつないだりなんかして一緒に滑るのを、想像してたのに、普通に滑っちゃうんだもん・・・」
私「うんwwごめんwww」

この人なんてかわいいんだろうって思いますよね!

実際小さなころはインラインスケート大好きだったし、ちょっとは滑れるんだよということを示したかったので、がんばってたというのもあるけど><;


また、列車に乗っていて、車窓から噴水がある公園(?)が見えたときは、
私「おおおー噴水だー!」
彼「いつか噴水のある家を買ってあげるよ(キリッ」
私「いや、それはいらないかな」
彼「えっ・・・」
私「だって、家に噴水あっても・・・」
彼「そ、そうか・・・じゃあ何が欲しい?」
私「うーん・・・なにかほしいものあった気がするんだけど」
彼「なになに??」
私「あ、防音室ほしい!!」
彼「それ俺もほしい!!」

ということで防音室は確定らしいですね(。・ω・。)ノ
街を歩いていても、「おおーブランドやー」みたいなことを言うと「いつかお店ごと買ってあげる(キリッ」と言ってくれるのでとてもかわいいです。でもお店もブランド品もそんなにほしくないかなww
しっかりしたブランドのものは本当に価値がわかるようになったらほしいですね(。・ω・。)ノ
でも多分自分で買いたい(。・ω・。)ノ


最終日は寂しさでお互いテンションおかしくて
彼「涙、俺のこと好きですか」
私「もちろん好きですよ?」
彼「わーいわーい(つないだ手をぱたぱた)」
ということもありました。かわいいです。こんな息子がほしいですね。

とかいろいろ書いているのは単にとても寂しくなったからです。
アメリカにいたときは時差ボケで夜中起きても隣に彼がいたのに、今時差ボケで起きて猫を呼んでもぎゅーってすると嫌がられるし!布団をかけると嫌がるし!!
耐えどきなんですよね。。がんばりますよ、ええ。。

いうてこのブログご本人様もたまにご覧になるそうなんですけどね。
変なこと書いたけど許してね。。。

あと4週間とちょっと!
がんばるだー!
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
時差ぼけ。
2012-04-11 Wed 18:16
アメリカに行ったときはそんなに時差ぼけはなかったのに、帰ってきてからかなりボケています。
昨日昼間ずっと寝てて、夜は3時に寝て今朝6時に起き、11時から17時までまた寝てしまい、今からバイトという…。
今日は帰ったらできるだけ早く寝るのが目標です(>_<)

本当は大学は今日から授業開始なのですが、今期は月曜日と水曜日をお休みにしたので、私は授業は明日からです。
早速ゼミがあるんですよねー、どきどき(>_<)
溶け込める気はしませんので、せめて悪目立ちしないように気をつけたいと思います(´;ω;`)

知り合いのお店でバイトするお話は…
私の記憶が正しければ、返事がまだ来ていなくて(´・ω・`)
焦ってはいないのでいいのですけどね~
返事がないのもまた返事かな、なんて思いながらまったり生きます(`・ω・´)
その知り合いとは連絡も取っていますし、彼氏さんが帰国したら、その知り合いの彼女さんと4人でお食事も予定しておりますので、楽しみです(*´ω`*)

あとは私が普段使う駅の周辺で、高校のときの友達がよく遊んでいるらしく、よかったらおいでよと言われたので、早速今週の金曜日に行ってきます…どきどき…
あんまり遊びすぎずに頑張らなきゃいけないのですけどもね(>_<)

新しい生活リズムに慣れようとがんばっていれば、彼氏さんの帰国もあっという間なはずなのだ…
とりあえず今日のバイトからがんばります!!
2週間くらいぶりなので…!!

最近ブログに彼氏さんのことばかり書いてしまっている気がする…(´・ω・`)
現状、それ以外になにかあるわけでもないから仕方ないか(´ω`)
別窓 | フロムセルポン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ただいまジャパン
2012-04-10 Tue 01:43
オリンピックの水泳選手陣を「とびうおジャパン」というそうですが、
なんでも「ジャパン」つければいいと思うなよ!!!

ということで帰ってきました!涙です!
アメリカ旅行は彼の案内のおかげでとても楽しく過ごすことができました!

1日は結局出発の2時間以上前に空港に到着し、行きの飛行機では逸る気持ちを抑えながら3冊の本を読み終え、到着ロビー出てすぐ彼に拾われました!
すべてがスムーズ!
私一人で飛行機乗れたよ!!!!

その日は寮でゆっくり過ごし、
次の日も二人でごろごろしていたら出かけるタイミングを逃し、
3日目にマンハッタン上陸!!
上の方を案内していただきました!
タイムズスクエアやメトロポリタン美術館、セントラルパークなどなど。。。
夜ごはんはアメリカンサイズのロブスター料理を半泣きで平らげて、エンパイアステートビルで夜景を見ました!
本当に見事な夜景でした。
地上のすべてが小さくきれいに見えて、また私たちもあの一部に戻っていくのだなぁと思うと嬉しくも切なくもあり。
セントラルパークでは、大好きなリスをいっぱい拝見できて感無量。
アメリカではそこらじゅうにリスがいるらしいですね。しかも凶暴なんだとか。
でも遠くから見てる分にはめちゃくちゃかわいいからなぁ。

4日目は朝寝坊しながらやっぱり二人でゴロゴロして、
5日目はマンハッタンの下の方へ。
自由の女神を見にリバティ島へ行き、ブルックリンブリッジを渡ってブルックリンへ。
ジュニアーズというファミリーレストランでまたもアメリカンサイズのサンドイッチとチーズケーキに悩まされながら、地下鉄に乗ってブルックリンブリッジパークへ。
外側から見るマンハッタンはとても綺麗でした。
エンパイアステートビルから見た夜景もとても綺麗だったけど、ブルックリンブリッジパークから見る夜景が大好きだなと感じました。
外にいるんだなっていう、あの感じが、なんとなく好きで。
疎外感のようで、優越感なのかもしれないですね。
夜景を堪能した後は、地下鉄に乗って帰路へつきました。

6日目はバスに乗ってスーパーにお買い物へ。
アメリカのスーパー初上陸にうはうはでした。日本とはいろいろ勝手が違うみたいで。
今までデートでショッピングとか行ったことなかったので、初ショッピングデートということになりますね。それにしても場所がアメリカのスーパーって・・・。

7日目は荷造りをしてマンハッタンへ。
最終泊はホテルだったのですよ><
もうこの寮に私が来ることはないのだ、別れは確実に近付いているのだと思えば思うほどさびしくなって、
時差ボケもあり朝早くに目覚め、隣で寝ている彼に泣きついて起こしてしまうことが何回かありました。
怒らないで優しくなだめてくれた彼に感謝、感謝ですね。
1日目は、会った瞬間は、これから一週間も一緒にいられるのだということに感動しきりで、とても幸せだったのに、どうしてこんなに早く時間が過ぎるのだろうと、日本に帰ってきた今も、いい夢を見ていたような気分から抜け切れません。
二人でごろごろしながら、自分のコンプレックスなどについて話しては認め合って好き合って、距離は確実に縮まって確かに幸せでした。
再び離れたことはとてつもない苦痛ですが、行ってよかったと思います。
彼の生活空間に入り、しかも一緒に生活してみるというのは、とても幸せな体験でした。

寮を出発してマンハッタンに行き、まず宿泊予定のホテルに荷物をあずけ、アイスクリームをたべました。
コールドストーンで。おいしかった~><
そのあとはニューヨーク近代美術館(MoMA)に行き、鑑賞。
セントパトリック大聖堂に行ったり、ロックフェラーセンターを眺めたりして、タイムズスクエアのジュニアーズでチーズケーキに再挑戦、あえなく二人そろってげふげふになりました。
その後ホテルにチェックインしてごろごろ。
テレビも見たけど理解がついていきませんでした。アニメを見て彼がクスクス笑っていて、私はなんとなくでしか理解ができなかったのでとても焦りました。しばらく見ていれば慣れるのでしょうか・・・。

そんなこんなしている間に気づけば眠っていて、目が覚めたのは明け方でした。
とうとう私が帰る日が来てしまったのだ、と思うと悲しくて、また彼に泣きついて、再び眠りについて。
目覚ましに起こされて順番にシャワーを浴び終わった後、二人でひとしきり泣いてしまいました。
彼の方がさびしいはずなのに、私がさびしがるのは筋が違うのでしょうか。。
一旦気持ちを落ち着けてホテルを出て、空港へ向かいました。
飛行機に乗らないのは、とても簡単なことなのに、それができない。

もう24時間以上も前なのですね。
彼と再び離れてから。
また1か月後には本帰国なのに、それでもやっぱり離れるのは辛いです。
お互い励ましあいながら頑張ります。。。

アメリカに行って驚いたことは・・・1ドルコインが1種類じゃないこと。
ニューヨークの人が想像以上に早口で、全然聞き取れなかったこと。
そんな中で彼が普通に話していて圧巻だったこと。
優しい人もいっぱいいたこと。
自由の女神は右足を曲げていること。(ずっと仁王立ちしているのかと。。。)
yahooなどのメールを使えば日本の携帯とも連絡が取れることw
レストランではウェイターさんと会話したりすること、
チップの計算をするのに慣れなかったり、
列車の車内アナウンスや、電車の乗り方、メトロの様子など、日本とは違うことばかりで、
私もやっとコンビニ・薬局やカフェなどで恥をかきかきお買い物ができるようになった程度です。
生活できるまでになるには相当な努力が必要なんだなと思いました・・・。
失敗が怖くない人なんていないんだと、でも失敗はしてしまうものなのだと、だから怖い思いは避けられないのだと思いました。
でも彼がいたから頑張れた!本当に良かったです。
改めて感謝、感謝。

私はバイトのことや大学のことを何もかも忘れて純粋に楽しめていたので、やっぱりそんな夢のような時間が終わるのはとても悲しいです。

お互い二人で生活しても大丈夫そうだという見通しも立ったので、
それが実現する日を心待ちにしながら、とりあえず今は本帰国まで、お互いがんばりますー!
私は修学旅行など、他の人とずっと一緒にいなきゃいけない機会があると、大体2・3日で発狂するのですが、彼とは8日間ほとんどずっと離れなかったのに、苦痛どころかずっとずっと幸せでした。
自分でびっくりだなー><
何はともあれ、無事に過ごせてとてもよかったです。
大学も始まるので、私は私で日本でちゃんとがんばりますw

という帰国報告でした。
早く来月になれー!
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガラガラ~
2012-04-01 Sun 07:49
ついに待ち侘びていたこの時がやってまいりました。
旅立ちの日です!

今日はエイプリルフールですがこれは嘘じゃないです!

2ヶ月前は親に反対されたりして、無事に行けるか解りませんでしたが、今日こうして出発できたことをとても嬉しく思います。
感謝、感謝(´;ω;`)

私の人生で初めての海外旅行、
2回目の飛行機。
前回は3年前。
なのでとても不安なのですが!
事前に彼氏さんにレクチャーもしていただいたので…
大丈夫だといいなと思います…!

初めてのチケット手配は失敗もありましたが、仕方ない。。と考えることにしますo(^-^)o

朝からスーツケースをガラガラしているわけですが、
「うるさいなあ」とか「なんか大きい荷物持ってる」とは思われても、
誰ひとりとして私の旅先を知らなかったり、興味を持たれないというのは、とても気楽でいいですね。

晴れて良かった!
昨日は割と荒れていたので心配だったのですよ(´・ω・`)
アメリカは大丈夫でしょうか?

時差ぼけに負けないでがんばります!><
ではでは。
別窓 | フロムセルポン | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。