嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
性格適正検査落ちたぜめーん
2013-02-25 Mon 23:15
こんばんはー!

第一志望企業の性格適正検査落ちたよ!
どうやったら受かるんでしょうね!
私性格悪いんですかね!

人事の人に会ったこともないのに「あなたの性格はうちの企業には合わないっぽいわー」って言われましても
私も反応に困ってしまいますん(´・ω・`)

まあ有名企業ですからね
通る方が数限られた方々なので
おこぼれはおこぼれらしくしておきましょう!

最近結構肌荒れが気になりまして
大体原因はホルモンバランスの崩れだろうということで察しはついているんです(薬が効かないから)
けども、まぁ枕カバーを清潔に保つこともニキビ対策には大切なことだということを知ったので
洗ったわけでございます
乾かしたわけでございます
取り付けたわけでございます
私が寝る前に猫が上で寝るんでございます
どろんこでございます・・・。

枕カバーカバーが必要ですね!
それかもう一つ枕用意すればいいの?
タオルでもかけておこうかなぁ、まったく!

そんな愛する息子の京くんでございますが
最近一晩帰ってこないという珍事件がありました!

京はお外で遊ぶのも大好きなのですが
・・・なぜか外出してもすぐに帰ってきます。
そして帰ってすぐにまた外に出たがります。
要するに、お家の中を出たり入ったりするのが好きみたいです。

ということで割とすぐに帰ってくるし
一晩外で遊んでいても、早朝(5時くらい)に「お家に入れてくれぇ~~」とにゃごにゃご鳴くので
一晩帰ってこなくて朝も静かというのはちょっと非常事態なのです。

大体私がバイトから帰る時間は、
京が家の門にいて、鼻と鼻をくっつける挨拶をして一緒にお家の中に入るか、
帰って家に入るとソファーで京が眠そうにしているかのどちらかなので
静かすぎてさびしかったのですが(´・ω・`)
朝起きたらきっと「開けてくれぇ~!」って起こされるのを期待して眠ったのですが
案の定帰ってこない。。

早起きして近所を歩きまわっていると、
お隣さんの車庫から鳴き声が。
シャッターが閉まっていたのですが、「京?」と声を掛けると「に゛ゃあぁぁあおぉぉぉ」と返事が。
とはいえ朝早すぎてお隣さんにピンポン押すわけにもいかなかったので
一旦家に帰り母親に相談、お隣さんが活動するのを待つことに。

でも30分も経たない頃にお隣さんがお庭に出てきたので、
「すみませんうちの猫が・・・」と事情を話して車庫のシャッターを上げてもらうことに。
・・・鳴き声はするけども出てこない。
あるぇー?

車庫の中もお邪魔させていただいたら、なぜか車の中から鳴き声が!
屈んで下から車を見ると、京は寒さをしのぐために、車の下の隙間から車体の内部に入ってしまったみたいでした。
狭い隙間から顔とか手はにょきにょき出してくるのですが
なかなか出てこられない様子。

お隣さんからは姿が見えないので「車、出しましょうか?」と言っていただいたのですが
Twitterで得た知識を総動員して
「あ・・・多分エンジンをかけると危ない位置にいると思うので、大丈夫ですありがとうございます・・・」
と言って京には自力で出てきてもらうことに。
でも出てこない。

隙間が狭すぎるのかな・・・?ていうかまずどうして入れたの?これって車分解しなきゃいけない感じ?
とか混乱して、母親に相談しようか自宅とお隣さんの前を行ったり来たりしている間に、
どこからか京も出てきました。おいおい。

お隣さんにはお礼を言って、一緒に帰ってきましたが・・・
それにしても人騒がせなやっちゃなぁ。

そのお隣さんにはどちらかというと私よりも妹の方が可愛がられているので
多分妹が行った方がお隣さんは嬉しかっただろうなーとかのんびり考えちゃうわけですが
でもうちの人が全員気づかなくて、そのままお隣さんが車を使ってしまっていたら・・・
京はきっと帰ってこられなかったかもしれない・・・
と考えると、見つけることができて大変良かったです(´;ω;`)

もう一匹のチョコちゃんという猫も、
母親のお友達をお見送りに行った後、帰り道がわからなくなって、一晩そこで立ち往生してたというので
うちの猫はちょっとお騒がせです。
かわいいのですけどね。

そんな猫話でした。
スポンサーサイト
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
be 社員
2013-02-22 Fri 18:39
うーん
社員って不思議ですよねー
というか就活?
新卒採用?

どこかの会社の社員になるのには
もちろん必ず新卒採用でなくてはならないわけではないから
本当はもっと幅が広くてもいいはずだし、
日々新しいお仕事も増えていますからねー。
無くなっていくお仕事ももちろんありますけれどもねー。

就活って不思議です。

今日は初選考に行ってまいりました。
グループワークでした。
とてもいい経験になりました。
楽しかったからよかったです。

グループの中で一人につき、活躍したと思う人を二人名前を挙げて発表するというフィードバックがありましたが、
8人グループで二人の方に私の名前を言っていただいたのでとても嬉しかったです。

私も人と接するときは割とおとなしいながら、
言いたいことは言うことができたし、
自分の指摘で混乱がまぬがれた部分も多少ございましたので、
大変満足しています。

次の選考に進めるといいなー。

でもなー。

最初に「皆さんでグループで自己紹介をしてください。それに当たり、自己紹介のテーマを二つ決めたいのですが、何か案はありますか?」という人事さんの問いかけに対して

誰よりも真っ先に

「好きなラーメンの味!」

と答えてしまった挙句

却下されて「好きな食べ物」に変更していただいたから・・・

うん・・・(´・ω・`)

変な人だと思われただろう・・・(´・ω・`)

でも自己紹介のテーマを好きなラーメンの味にすると、思いのほか盛り上がるので
個人的にはおすすめですよ!!!
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
カウンセル
2013-02-14 Thu 00:03
気持ちが和やかになるお薬を飲んで
のんびりする気持ちとぐわっと悲しくなる気持ちが行ったり来たり。

今日は家族のことを話しました。

私は長女なんかに生まれたくなかった。
長女は損だ。

Twitterのツイートでも出回ってるけど、一番目の子は子育ての実験台だ。

私はずっと、受験のときとか、弟と妹の良いお手本にならなきゃと思ってた。
でも私にはお手本がいない。
お手本がほしい。
相談にも乗ってほしい。

良いお手本にならなきゃと思ってがんばったら
次は弟が潰れちゃったことがあって
そのときは私もとても責任を感じてしまって
頑張らなきゃいけないのか、頑張ったらいけないのかわかんないよ
ふざけんなばかやろう

欲しいものを親におねだりしたい。
もうちょっと金銭的に甘えたい。
でも私の欲しいものを親に買ってもらうのも遠慮しちゃうし
金銭的にも独立していなくてはと思う
それは妹や弟が結構金銭的に甘えてる(た)からと言うのもあると思うんだけど。
私もお小遣いと別に食事代や交通費もらいたかったな。
私も服とか鞄とか靴とかもう少し買って欲しかったな。
もう大学生だけど習い事のお金ももらってみたいな。

もちろん良いこともあるのかもしれないけどさ
傷ついてもいるんです

「長女だからしっかりしなさい」とは絶対に言わないけど
「もう高校生なんだから」
「大学生なんだから」
でプレッシャーかけられて
お手伝いもさせられて
そのプレッシャーのかけ方は間違ってないのかもしれないけど、
兄弟の中で年齢が逆になることなんてないんだから
いつまでも私が長女なんだから
「大学生なんだから」でさせられれば
「もう高校生なんだから」の妹はすることが少ないし
弟は男だからという理由であまりさせられてないし
どこまでもやっぱり損なんだと感じる。

もちろん、弟や妹が私より年上になることもあると思う。
私がここで歳をとるのをやめれば。

そうすれば、2年と3ヶ月もすれば弟は私より年上になってゆく。
でもそういうことじゃないの。

「長女なんだから」とは言わないけど
言わないだけでしてることは一緒で
気も使わなきゃいけなくて

いやだな
長女やめたいな
長女になんか生まれたくなかった。

お母さんお父さん
こんなこと考えちゃってごめんね、
二人の子どもでよかったとももちろん思うけど
でもやっぱ辛い。

はあー

ということを考えてしまってます。

今日はずっと体調がよくなくて
歯医者さんの時間も間違えて覚えててすっぽかしちゃって
お菓子も難しいのに挑戦したら、予行練習もしたのに失敗しちゃって

絶賛自己嫌悪中なのです。
もう全部投げ出してしまいたい。

カウンセリングは「事の大小よりも、傷ついているという事そのものが大事」という考え方なので、
結構甘ったれてんのかもしれない

言わなきゃ伝わんないけど最終的に言うつもりもないしね
いつか言うのかもね

明日絶対目腫れるなあ
また自己嫌悪の種が増えたねえ
別窓 | フロムセルポン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
二年生の思い出
2013-02-10 Sun 01:11
二年生のとき、私はカウンセリングという授業を受けていて
それを受ければカウンセラーになれるとか、そんな短絡的なことを考えていたわけではなかった。
金曜日の授業だったこともあってか、出席率もまちまちでぼちぼち。

ある日その授業でVTRを使うことがあったのだけど、
どうやら上手くいっていないみたい、
VTRを映すための機械の操作が難航していたようで、
先生はどうしたらいいかわからないみたいでした。
ずっと、ああどうしようって言ってて。

絶対「意識の高い学生(笑)」と言われるのはわかってたけど、
周りはにやにやして先生の方見てたけど、
とりあえずお手伝いできるかどうか行ってみようと思ったんです。

中学高校で放送委員会に所属してたので、
その時の知識が少しでも活かせればいいなと思ったのですが、
全然システムちがうwwwwなにこれwwwwとなり
何も解決できない絶望と、学生たちからの温度のない視線を浴びながら
結局先生の隣で私もあわあわすることになりました。
私が教壇の上であわあわし、
その横で先生がメディアセンターの人を呼ぶ電話をかけ、
メディアセンターの人に来てもらって問題は解決しました。
私はあわあわしてただけでした。はいはいわろすわろす。
授業終わったときありがとうって言われたけどね。

大きめの教室だったけど他はアシスタントさんはいない授業で、
この教室でこの数の受講者の前で、授業が進まないというプレッシャーはどんなものだろうって考えたら
誰かそばにいるだけで先生が救われてたらいいなと思うのですけどね。あわあわ。
私が先生だったらパニックになって泣き出すと思うもん。あわあわ。

まあそれほど好きな授業ではなく
期末レポートも結構やっつけ仕事で書いてしまったので
その授業の評価はC(単位来るうちの一番低い評価)だったけど
がんばってなかったから評価は低くてもいいのです。

そんな大学二年生の時の思い出。
別窓 | フロムセルポン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。