嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
あけましておめでとうございます
2015-01-03 Sat 13:11
2015年になりましたねー。
今年は年女です、24になります。
お正月、とてものんびり過ごしています。
ああー仕事に戻れる気がしない!!

着物を着て彼氏さんと初詣に行ったり、
姉妹で振袖を着て家族で初詣に行ったり。
初詣に2回も行くなんて良くないかもしれませんが、良い思い出になりました。

振袖もあと何回着られるかわからないので…
家にあって、ちょちょいと着せてもらえるという恵まれた環境ですので、
やっぱりなるべく着られる機会には着たいですね!
結婚するまでは、友達の結婚式には振袖で出ても良いかもしれないですね。

あとはFacebookで見つけたこんなニュース。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/7683054/

30代の女性へ向けたマツコの考え、私も賛成です。

不妊治療のお薬をこちらの薬局でお出しすることがありますが、
年齢はやはり34~43歳くらいの方が圧倒的に多いです。
珍しく20代前半の方がお見えになることがありますが、ほとんどは20代後半からですね。

もちろん成功すると良いなと思っていますが、出産は命がけ。そして体力的に大変なのは育児中ずっと続くわけでして…
妊娠した人が出産まで辿り着くのも、多くの人が思うよりずっと難しいこと。
年齢が高くなるに連れて、不妊治療で妊娠はとりあえずできても、出産率は低くなります。
医療の技術は進歩していますが、人の身体は進歩しない。
羊水が腐るかはわからないですが、卵子の老化はあると言われています。
若ければ若いに越したことはないのですよねorz

女性が仕事に夢中でも構わない。それはとても良いことだと思います。
ただ、やっぱりいつか子どもを、と思うなら、30代の方は、最低限何冊か、不妊治療についての本を読んで、自分の身体が今どんな状態なのか、不妊治療はどんなことをするのか知っておいてほしい。

いつかこの言葉は私自身に返ってくるかもしれないけど、40代ともなればむしろ閉経の方が近い年齢ですから…
私もちゃんと考えなくては…(´・ω・`)
私は個人的には、自分がもし不妊体質だったら、子どもは不妊治療してまで欲しくないかなと思っていますが、産めるなら産みたいと、自分もいつか産むものだと自然と思ってるんだと思いますので(´・ω・`)

人生とは難しいですね(´・ω・`)
お正月からこんな記事ですみませぬ(´・ω・`)
スポンサーサイト
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。