嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
引っ越しました。
2015-07-30 Thu 10:30
引っ越して少し落ち着いたので、
更新!

職場に近くなって、通勤が快適です。

何もないところですが、
夜も静かでありがたい。
前住んでいたところは、近くに消防署があったので、昼夜問わずかなりうるさかったのです。

引っ越しを通して更に物を捨てて、
シンプルライフに磨きをかけるぞ!と思ったのですが、
思ったほど物は減らず…
彼氏さんに断捨離手伝ってもらったほうが良いかも…??

家具を四つほど手放すつもりなので、
それに備えて物を減らさなくてはいけないのですが…
本とかを少し減らしたいな。
あと減らせそうなもの…
自分ではわからないものですね。
しばらく物が増えてしまいそう。
家具を手放すのも、来月の中旬のことなのです。
それまではかなり部屋に家具があって大変。

部屋は狭くなりましたが、快適になった点もいくつもあります。
狭いのは問題じゃないはず、と思ってシンプルライフを極めていきたいと思います。

家具を手放すのが来月なのは
一人暮らしを始める妹にあげようと思っているからなのです。
妹は逆に広い部屋が良かったようで、
私の今の部屋よりも広いお部屋に一目惚れし、入居を決めたんだそうです。
一回申し込みを済ませた部屋が先約があったようなので
可哀想な思いをしたお部屋探しだっただけに
いいお部屋であることを願うばかりです。

妹に家具をあげたら、
私の部屋はどのくらいすっきりするんだろうか?

本当に部屋のスタイルが確立するのは
もう少し後になりそうです。
スポンサーサイト
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
体調の変化
2015-07-11 Sat 16:59
先週の土曜日から、特に小麦制限をしなくなったのですが、
お腹の調子が悪くなってきました。
ただ冷え気味なだけかと思ったのですが、
下痢気味でガスが溜まりやすくなったような…
もう少し様子を見てみます(´・ω・`)

引っ越しが近づいてきたので、荷物の整理をしています。
書類関係を結構捨てることに。
すぐ溜まっていってしまうのですよね。

服もちょこちょこ捨てています。
ボトムスをオールシーズン合計3枚しか持たない人のブログとか見てると
ただただすごいなと…
でも、6枚にくらいなら減らせるし、
そのくらいに減らしたほうが「手持ちのどれとも合わせられる」が実現できそうですから、
ちょっとさらに厳選しようかと思っています…

今は、黒のチェックのスカートが2枚あるんです。
完全に被っている。
でもどっちかって決められない!
いや、どっちかというと捨てる方は決まってるんです。
でも捨てる方も、冬着たんですよ…
着た服を無理して捨てる必要ないとはわかっていますが、
どうしても似てる服が2枚あるって、もやもや。
気に入っている方のスカートは、短くて、真冬に履くのがちょっと辛い。
でもスカートなんてどれも一緒かな…??

そんな今日この頃。
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
昔のこと
2015-07-09 Thu 21:42
中学生の頃、クラスメートの男の子が、椅子に座ったまま、足を上げたところ、

机の横に掛けていたカバンの金具に、靴紐が引っかかってしまって、身動きが取れなくなって焦っていたことがありました。



なので私はそっと「まず靴を脱いだほうがいいよ」とアドバイスし、

男の子は「確かに!!」と言って靴を脱ぎ、まもなく靴紐は解けました。

周りを冷静に見たりということは、昔から得意なのかもしれません。


その当時、私はDV元カレに立派に洗脳されていたので
男性と話したことは全て報告しないといけませんでした。
(その翌年は「学校で起きたことを全て報告しないといけない」に進化していたので、私は友達と何を話したとか先生になんと言われたとかを全てボールペンで手のひらに書いていました。)
もちろん、男性とは一切口をきかないようにと言われていたので怒られます。

ただ、たまーに、元カレの機嫌によって、
「善意に基づいた行動であれば許す」ということがあったので(1回しかなかったけど)、
怒られないように怒られないようにと祈りながら、少しの希望をもって、
馬鹿正直に報告しちゃったんですよね~。

案の定、敢えて生温い言い方をすれば激おこぷんぷん丸で、
しっかり叩かれたし、しっかり土下座させられたんじゃなかったっけかな。
帰り道のど真ん中でね。

でももう10年も前のことです。
今でもたまに思い出すけど。
あんなことで叩かれたなあとか
あんなことで土下座させられたなあとか
今でも私、土下座に対する認識は他の人よりも低いんではないでしょうか。
簡単にさせられていたものですから。
とりあえず怒らせたら何分間か土下座して許しを乞い続けなければいけませんでしたから。

でも幼いなりに「こんなことごときで道の真ん中で、見世物のように土下座させられるなんておかしい」とは思ってたんだと思います。
とりあえず土下座して泣きながら許しを乞い、許されたら「別れたい」と言っていた気がします。
そしたら彼が「別れたくない」と土下座を始め…
なんていう茶番wwww

ただDVも共依存ですからね、
どなたかがすごく良い例えをしていたけど、洗濯機の中で回ってる洗濯物みたいなものなんですよね。
今でも、15歳にして回ってる洗濯物状態を自力で抜け出した私って結構すごいんじゃない?とたまに思います。
ただ、抜け出した後も悲惨でしたけど。

さっきたまたま背格好似てる人を見つけて
なんか殺意湧いちゃったので
今日、仕事中、「私自分のことは冷静に見られないな、あの時は靴を脱いだほうがいいって言えたのにな」と思い出しちゃったのもあって、
書き連ねてみました。



イエーイ、DV元カレ、見てるー??
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
結婚ドリーム:補足
2015-07-03 Fri 22:33
昼間の記事について、念のため補足説明をしておいた方がいいかなと思ったので改めて書きます。

私が支持している、
「結婚とは『婚姻期間はその相手としかセックスをしません』と届け出ることである」という考え方について。

これって極論に近いというか、
これだけ書いて放っておくと、多分急にわけのわからないことを言い出す人だと思われそうで、
いやそれも事実なのですが…

一応この考えは、数ある結婚観の中でも比較的法律に忠実な解釈なので
夢もクソもないですし
多分多くの人が考える「結婚とは何か」とはかなりかけ離れているだろうと思われるので
一応その解釈の根拠を示しておこうと思ったのです。

結婚にまつわるトラブルを法はどう扱うかということなんですが、
たとえば。
婚姻期間の不貞行為、つまり不倫は、どんな理由があっても正当になりません。
つまり、どんな理由があっても配偶者以外と(合意の上で)セックスしちゃだめ。ということですね。
(合意の上で、と補足を入れたのは、強姦被害は不倫じゃないし、離婚理由にはならないからです。
そもそも強姦って性行為であってもセックスではないと思うので、注釈を入れるのもどうかと思ったのですが、機械的に「性行為は英語でセックス」と考えている人もいそうだと思ったので念のため。あしからず。)

あるいは、
セックスレスは離婚の理由として認められることも挙げられます。
つまり、セックスしないのなら配偶者とは見なさない。ということです。

また、
婚姻期間+α中に妻から産まれた子は、夫婦の間の子とみなされますね。
それを否定するには裁判が必要です。
婚姻期間中は配偶者としかセックスしないという前提があるからこそ、遺伝子的に間男との子であっても、自分との戸籍上の親子関係を否定するのには裁判が必要なんですね。

それらの法律や判例を踏まえて、法律上は結婚ってどういうシステムなの、と考えると、
「婚姻期間はその相手としかセックスをしません」と届け出ること、と解釈するのが自然だろうと思ったのです。

だから私は現行の法律婚はあんまり品のいいシステムじゃないなと思っていて。
もっとセックスにこだわらないパートナーシップ制度ができてほしいなあと思っています。
もちろん同性愛者の方々も使える制度ね。
その点で、友達同士でも使えるパックスとかって良いな~って思うんですけどね。
あんまりいうと意識高い系みたいだからやめておきます。

みんな結婚ってロマンチックで良いものだと思ってるかもしれないけど、
法律上はあくまでセックスに関する決まりなんだよ~
っていう考え方もあるんだよ~

みたいな感じでどうかひとつ。

ただ世間一般でいうところの「結婚」って
必ずしも「法律婚」と意味が一致するかというと微妙なんですよね。

「結婚したいな~」って言っても
必ずしも、籍を入れることで法律上の様々な措置を受けることは意識してなくて
大体「好きな人と一緒に住みたいなあ」とか
「子ども産んで育てたいなあ」とか
「親を安心させたいなあ」とか
そんなもんじゃないですか。

そこで私が急に、結婚とはセックスがうんたらかんたら~とか言っても
ただの変人なわけです。
だからこそ一応こうやって補足を書いたのだし。
一応極論を言っている自覚はありますよ!

ただまあ、日本では、
(同性婚を含めた)事実婚もある程度存在感を増してきたものの、
現状、オフィシャルなパートナーシップ制度は法律婚と養子縁組だけなので、世間一般でいうところの結婚=法律婚、という前提で色々書いてみました。

うーん、異なる価値観を説明するのは難しい。
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
結婚ドリーム
2015-07-03 Fri 13:15
いつも周りの人の結婚式の話、
「一生に一度のはずの式だからという名目で散々ぼったくられるんだよ」とか
「記念アルバム作るの60万円かかるんだよ」とか聞きながら
「結婚式なんてするもんじゃねえなあ」と思いつつ
「それだったらそれ頭金にして土地買いたいですね~」とか相槌を打つんですけど

私はあまり結婚式をしたいと思わないし、
割とそれを、家族を含めて周りに公言しています。

単純に、人がたくさん集まるイベントが苦手ですし、
しかも自分のために集まってもらうなんて面倒くさいし、
理由なんていくらでもあるんですけど、

ウェブコラムで「親に結婚を反対されたらどうする?(説得はするか、結婚はするか)」というアンケートの結果をまとめた、という内容のものを見て
案外説得する人が多いもんだなあと思いました。
対象は22~34歳の男女だそうです。
私は説得せず結婚するかなあ。
と、説得する派の人々の意見を眺めながら、ぼんやり考えて思ったのです。

私には、「自分の結婚を周りに祝福してほしい」という考えが著しく欠如している…
というか世間一般的には「結婚は周りに祝福されるべきもの」と考えられているんだ!と改めて感じたというか。

私は、籍を入れるということは
「籍を入れている間はこの人としかセックスをしません」という届け出をすることである、という考え方を支持しています。
だからかもしれないけど、結婚はハッピーで誰もがうらやむもので尊いものだとかそういう感情がない。
祝福されるようなことだとはあんまり思わない。
けど、他の人が幸せそうにしてるのはとても良いことだと思うので、幸せそうだったら私も心から「おめでとうございます!」と言います。
私は個人的に法律婚じゃなくて事実婚でも構わない。
でも今の日本ではまだまだ事実婚のデメリットが多すぎるから、
じゃあ法律婚したいな、みたいな感じ。

一般的に「結婚」というと「ずっと一緒にいられる正当な権利」という捉えられ方をされることが多いと思います、
私もそれはとても羨ましい。というか私が法律婚をしたいなと思う理由がまさにそれ。
なんというか、安心できそうで。

無粋な例えをすると、アルバイトと正社員みたいな感じかなあ?

多分世の中の全員が全員、「結婚とは『籍を入れている間はこの人としかセックスをしません』という届け出をすることである」と考えていたら、
別に「結婚とはずっと一緒にいられる正当な権利である」とは思われなくなるでしょうから、
私も特に法律婚をしたいとは思わないでしょう。

世間の認識と私の認識がズレているから説明するのが面倒くさいし、
人によっては「何を言ってるのかよくわからない」と思われるんだと思います。

結婚が無条件に幸せなもので祝福されるものだとしたら、
世の中もっと平和なはずだぜー。

結婚式をすると離婚率が下がるとは言いますが、
それは必ずしも、結婚式をすることが良いことだ、という理論とは結びつかないだろう。
もちろん、結婚式を挙げたことによって仲が深まるということもあるんだと思います。
ただ、結婚式をしなかったら離婚するはずのカップルが、結婚式をしたばっかりに(体裁的に)別れられない。ということもあると思います。
だから、手放しに「結婚式をすると離婚率が下がるんだって!結婚式って良いね!」とは言えないというか…
まず「離婚は悪いことである」を証明する方が先ですね!
とか思ったりしてね(´・ω・`)

結婚って面白いなあ。
なんというか、法律で決まってる手続き以外に、人々が思い込んでることが多すぎて、興味深い。

もしもまた大学に入ったら日本の結婚文化について研究したいなあ。
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。