嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
今田耕司って言うこと面白くないのに発言するときいつもどや顔なのどうして?
2010-08-06 Fri 21:36
こんばんは。

今日の日記では、
ずばり「なぜ男女が肉体関係を結ぶことを『食べる』というのか」ということについて、アツく論じていこうと思います。
ここで注目したい点は二つあります。
一つ目は、多くの場合、『食べる』のは男性側であり、『食べられる』のは女性側であるとされることです。
もう一つは、『食べる』という、生理行動でもあるその動詞の意味です。
主にこの二つのポイントから考察を展開していきましょう。

と思ったけどやっぱりやめます。ブログ読者さん減っちゃいそうだし。

冒頭からすみません。
ちなみにタイトルは私のここ最近でトップレベルの疑問。
上記の論題は、どなたかいつかレポートの題材にどうぞ!!(爽)

最近はアクティブになったり家でまったりしたり、とまぁリア充なんだかどうかよくわかんない生活を送っております。
昨日めっちゃリア充した気がするけど、今日ひきこもってたしね。

この前、食卓で「リア充」という単語を発したら、母親と妹が「??」ってなってて、直後に弟に「お姉ちゃん、家族間会話でオタ用語を使うのはやめなさい」とたしなめられました。
リア充という単語はとっくに市民権を得たと思っていましたが、まだまだ普及はゆきとどいていないみたいですね。

これから自分は人間としてどんな感じに成長しようかなとか、考えているわけです。
もっと思いやりのもてる人間に、とか、
あと恋愛方面とか。
どうしても私の体質として、恋愛を結構重視してしまうゆえに、いわゆる下げマンとか言われる女にはなりたくないわけで(笑)
そのためにはどうすればいいのかな、とか。
そして、最近本当に友達に支えてもらってるなって実感することが多くて、逆に自分が友達を支えられているのかが不安です。
ギブ・アンド・テイク・アンド・テイク・アンド・テイクって感じです(笑)
だから支えられるようになりたいなと。
なにか特別な努力とかしなくても、自然に支えられるようになれたらいいなぁ。

最近あらためて気づいた自分の欠点とかも多いです。
例えば、常識知らず、とか。
「なにか言葉を、本当に言葉通りに受け取ってしまう」とか、逆に、この常識知らずにつながるけど、言葉で明確に説明されないと不安になる、とか。
あとはわかりやすいのでいうと、だらしないとか、疲れたときのそっけなさがすごいとか(笑)
あああなんか私子どもだな!

昨日、電車で、小さな男の子を抱っこしたお母さんが立っていたんです。
私は座っていたので、「お掛けになりますか?」と声をかけると、「大丈夫です。この子座ると、泣いちゃうので。」と言われました。(窓から電車が見えなくなるかららしい)
そのとき、その小さな男の子は、お母さんに抱っこされながら、電車の手すりにつかまってたんですよ(笑)
お母さんが転ばないか心配だったのかはわかりませんが、もしかしたら、周りの大人たちを見て、マネをしたくなったのかもしれないな、と思いました。

前、大人・子どもの基準として、「大人になりたいと思ってたらまだ子どもの証拠。子どもに戻りたいと思ったら大人の証拠。」という考えにいたったことがあるのですが、どうなんでしょうね。
実際私はもっと大人になりたいし、事実私は子どもなのですが。

そんな今日この頃。
この日記のコメントのしにくさは異常な気がするwww
まぁ日記って自己満ですよねー
スポンサーサイト
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<考えるということ | ice cream dropped. | その左手も>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。