嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
なににこだわればいいの
2010-11-04 Thu 12:00
何から始めましょうか・・・
勉強?
ドイツ語やんなきゃな。

後期、入門演習の授業では「死刑制度」についてやってるんですけど、そこで話題になったのが最近の「耳かき店員殺人事件」。

報道によると、事件の概要は、耳かき店員に好意を抱いた被告が、店の出入り禁止処分になったあともなお執着して、店員とその祖母を殺害したというような感じ・・・だったと思います。
この事件が話題になっているのは、「裁判員裁判で、初めて検察が死刑を求刑した事件」だからですよね><

裁判員制度が始まって、死刑は増えるでしょうか減るでしょうか。
もちろん死刑反対の立場を強くとっている方もいらっしゃいますが、多分日本で多数派なのは、死刑制度賛成の立場だと思うんです。
一概には言えないですけれどもね。
でも、死刑制度を廃止してから、犯罪率が減った国・地域というのもあるようですから、面白いですよねー。
まぁ、でも日本では、裁判員制度が始まり、死刑は増えるのではないかと言われているようです。

事件概要だけ聞くと、「まぁ・・・人2人殺してはいるけど・・・おばあさんの方の殺害は計画性がないし死刑にするほどではないんじゃない?」と思いますよね。私は思いました。(笑)
計画性がなければ人を殺していいというわけでもないですけどね。あー説明むずかしい!

「死刑にするかしないか決めるポイント」っていうのは実はあって、そのなかの一つの要素に「残虐性」があるそうなんですよ。
まぁ全部列挙すると、罪質、動機、残虐性、結果の重大性、遺族の被害感情、社会への影響、被告の年齢、前科、犯行後の情状。だそうです。これを「永山基準」というそうです。
授業でやったのの丸写しでごめんなさーい!
この「残虐性」というのも、「なにをもって残虐とするか」というのがとても大きな問題ではありますが、今回の事件の場合。
一回刺して失血死、とかじゃないんですよね><;;首を何回もめった刺しにしたりしたらしいんです。

遺族は当然、死刑を望むし、そんな遺族を見たり、事件について聞かされたら、裁判員は公平な判断ができるのか、、、とか、いろいろ難しそうです。うわー裁判員なりたくないw
事件概要だけを知っていたときの「死刑にするほどでは」っていう気持ち、残虐性を知ったときの「これはひどすぎる・・・更生できるのか、死刑もやむないかも」という気持ち。
どっちが「正しい」んでしょう?

そして、先生も指摘なさってたのが、
「メディアの報道では、『耳かき店という業種』が無視されている」ということ。
先生曰く、「世の中には、『事件に巻き込まれやすい人』と『事件に巻き込まれる可能性が限りなく0に近い人』が存在する。必ず、確実に存在する。」だそうで、まぁ確かに。という感じですよね。
耳かき店ってどんなとこか・・・っていうの、多分実際に行ったことがないとわからないとおもうのですけど、そういうお店のホームページだけ見てみました。

ちなみに授業の話し合いの中では、さながら風俗店に似たような扱いをして話を進めてしまった自分・・・w
授業のあと、多分耳かき店で実際働いているんであろう女の子が、「そんなお店じゃないのに・・・」と言っていて、ちょっと罪悪感^^;
でももしかしたら、「自分の働いているところは危なくない」という考えって、とっても危ないのかもしれない。
どっちが本当なんでしょうね。

ホームページを見てわかること、思ったこと
・やっぱりキャスト(耳かきを実際にする人)は全員女の子。
・キャスト一覧が写真付きで掲載されてる。
・指名料を取る(まぁこれは美容院も一緒か)
・時給高い!まぁそうなのかな・・・
・お店によっては「当店は風俗店ではございません」って但し書きがある。

ざっとみて思うのは、「狙っている客層は間違いなく男性」ということですよね。だって女の子しかいないもん。耳かきは男性もできるよ?
それにキャスト一覧が写真付きで掲載されるなんて普通ない・・・うちの漫画喫茶はないwwwドトールも歌広場もなかった(´・ω・`)
「耳かき店」じゃなくて「耳かきエステ」って呼ばれるらしいですけど・・・エステ店も、エステティシャン一覧・・・ざっと見た感じなさそうです(´・ω・`)
まぁ、美容院だと、キャスト一覧はHPにあるし、もちろん写真付き。指名料も取りますね。
だけど耳かきエステのHP、写真とブログURLって・・・AKBか!みたいな、いやちがうか。

なによりつっこみたいのは、「耳かきくらい自分でできるじゃん」ってことです。ここが美容院と耳かきエステの一番大きな違いですよね。自分で髪切れる人は美容院行かないですよ。
自分でできることを、わざわざ安くないお金払って、してもらう。どうして?簡単に考えれば、「女の子に膝枕してもらって触れられたい」からですよね><;;
そんなこと思うのはもちろん男性に多いでしょうね><
いや私も書いててちょっとやってほしいなって思ったけど><
うちは母親にたまにしてもらうので←←
男性って女性に触れられることに関して、女性が思ってるよりも敏感でしょ。そこをうまく利用した業種だよなぁと感心しますが、やっぱり好意を持たれるのも仕方ないですよね。指名って少なからずそういうことでしょ?

HPとか、多分お店にもある但し書きだと思うのですけれども、「当店は風俗店ではありません」っていうの・・・^^;
「そういう但し書き、しといたから。安心安心」じゃない。「傍から見たら同じに見える」ってことですよね。但し書きされててもやっぱ似てる要素多いと思うもん。うちの漫画喫茶とは大違いだもんwww
大事なのはいつも「傍から見たら」なんですよね。「傍から見たら」社員かアルバイトか見分けが付かない。「傍から見たら」漫画喫茶(ネカフェ)の店員がパソコンに詳しくないわけがない。「傍から見たら」耳かきエステも、不思議で怪しい業種です。

だからその同じクラスの女の子も、その人が働いているお店が実際どうなのかはわからないですけど、「自分は大丈夫」っていう考えかたは危ない・・・と思います^^;
いやほんと傷つけたいわけじゃない><ほんと気を付けてっ><

とまぁ半ば感情的になりながら書いたわけであります。
耳かきについて書きたかったのか死刑制度について書きたかったのかわからんねwwどっちも書きたかったけど。
要は、ちょっと周りを見る目が開けたらいいなということです。本当にいい授業だと思うから。

んで多分これブログに乗っけたら同じクラスの人に見つかるんだろうなwwいいけどwww

そんな今日この頃。
スポンサーサイト
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<なくした面影 | ice cream dropped. | 不健康な時間にこんばんは><>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。