嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
He is gone.
2012-01-16 Mon 22:12
。・゚・(ノД`)・゚・。

ということで彼はアメリカに戻ってしまいました。
まだ着いてないけど。。。

無事に着くといいなぁ・・・
時差ボケ大変だけど治すのもがんばってほしいです。

別れる前は、「絶対泣かない!!」って思ってても
「しばらくまた会えない・・・」と思うと、どうしてもね!目から心の汗が出ます!
「目がうるんでるよー!大丈夫ー!?」と言われてしまいました。
どっちかというと大丈夫じゃないのは彼のほうなのにね。。。

今日はアメリカの彼の住所にお手紙を出しておきました。
おそらく1週間後につきます。
一週間前に出したら、「寮についたら手紙が届いてる!」なんてロマンチックな展開になったのかな、なんて、ちょっと思ったりしてね!後悔しましたよね!

彼の本帰国まであと4か月、
それまでそれぞれいろいろ苦しい思いをすることもあるのだろうなと思うのですが、
連絡を密にとって、つらいときはなるべくお話も聞いてあげたいし、頑張ろうと思います。。。

私は・・・
保育士の勉強をね!しなくてはいいけないのですよね!

それよりもまず先に大学の試験勉強!
ということで!
お勉強の内容をブログに書きます。なんかそれが一番覚えやすい気がする。

私たちは「ほかの人の気持ちを考えなさい、推し量りなさい」と小さいころから教育されることが多いです。
が、これは「絶対的に正しいこと」ではなく、一つの思想であり、価値観です。
例えば、日本では、故意であるか過失であるかによって、罪の重さが違ったりする。
結果的に起こったことが同じであったとしても。
これは世界的に見ても珍しいことなのだそうです。
つまり、結果的に判断をする社会の多い中で、日本は、意図によって判断するシステムをとっているということです。

私たちは、なにも、ほかの人の気持ちを考えないと死んでしまうわけではありません。
が、「ほかの人の気持ちを考えなさい」という思想が“正しい”とされる文化の中で、その縛りの存在を忘れてしまいがちになっています。
ある意味で、ほかの人の気持ちを考えないと、直ちに死ぬことはなくても、いずれ社会的に死ぬことになり、結果的に命を落とすことになっても不思議ではないくらいですね。
つまり、そうでない価値観を持つ人への排除が起こるわけです。

これは、ほかの人の気持ち云々だけではなく、もっといろいろなことにも当てはまります。
もしかしたら、話す言語のこともそうかもしれない。

自分の行動に責任を持ちなさいとはよく言われますが、そういう意味でもちゃんと自覚的でありたいです。

ここまでノート写し+若干肉付けw
ちなみに発達心理学のノートです。
・・・実は半分しか授業に出られていません。。。
先生ごめんね。。。
スポンサーサイト
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ノートまとめ2 | ice cream dropped. | べんきょーしなきゃ、あーって。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。