嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ノートまとめ2
2012-01-16 Mon 22:42
「学校を作ろう」という運動がユニセフなどによって行われているし
実は私も定額募金につい先日参加することにしちゃったのですが・・・
学校にいけない子どもは本当にかわいそうなのか?っていうのは、やはり改めて一度考えておかなくてはならないかなと思います。

学校制度とは、つまり、西欧の制度であり、西欧の文化ですよね。
それが、日本では、もう離れられないくらいに人々に染み付いてしまっているわけです。
同じことが、ほかの国でもなされると、いいことばかりかどうか?

学校システムを持つ人と持たない人がぶつかると、確かに持たない人よりは持つ人のほうが有利になるのかもしれない。
けれども、接触を持たない場合は、学校システムがなくても幸せに生きていける可能性もあって、それは一概には「西欧の文化、万歳」といって無下にしていいものではありません、よね。

「国を豊かにするにはまず教育から」というのはよく言われることですが、学校があれば一人ひとりが豊かで幸せになれるというのは、必ずしも真理ではなさそうです。
日本でも貧富の差が激しくなってきていますよね。
「日本は平等な社会の国」なんていうのはもう8割嘘かもしれません。格差社会になりつつあるそうです。

ここで一旦戻って、ルリアさんの考察についてまた確認したいと思います。。

読み書きのできない人は、確かに、物を抽象的に捉えてカテゴライズするというよりは、実用的な意味を考えてカテゴライズします。
けれどもそれは、能力が優れていたり劣っていたりなどというわけではなく、「そう呼ぶことに価値があるかどうか」の考え方が違い、それぞれの考え方に基づいて選好しているだけだと考えられる、そうです。

「本当に学びたいこと」と、「学ぶと利益が出ること」だと、多くの人は「学ぶと利益が出ること」を優先します。
だからこそ、人々は勉強したくなくても受験に有利だからといろいろなことを暗記し、受験システムが成り立っているわけですし、今現在受験シーズンでいろいろな人が戦っているわけです。

とはいえ私は・・・あんまりww好きなことしか勉強してなかったww
立教に入れたの?正直に言うと、
・テストの前日に日本史(苦手科目)で復習・丸暗記したところが翌日、全学部日程の試験でいっぱい出た
(その証拠に、教育学科は全学部日程(倍率高い)で合格したのに、個別学部日程(倍率そこそこ)では落ちましたwww)
・福祉学科の日本史の問題で、化学or地学に相当する問題が出た
(私は国公立志望で地学をしていたのでなんとか・・・)
とかだと思います。ごめんなさいこんなので。
だから私はどちらかというと「学ぶと利益が出ること」よりも「本当に学びたいこと」を優先しちゃうタイプなのかもしれませんね。
受験生にアドバイスできることは、「前日になっても諦めない!!!」これ重要だと思います。これがなければ今の私はおりません!リアルに。

子どもたちも、自分の学校の成績と将来の自分の豊かさが結びつくことを、うすうす感じてはいるようです。
これは実際に調査がされているようなので確かでしょう。
ある意味、意識しすぎているのかもしれないですね。

思考や知識は、その人が何を必要としているかによって身につくことだよなぁ、と思います。
自分の本当にしたいことよりも、すると利益が出ることを優先する。
「自己阻害」と大学では学びましたが・・・これでいいのでしょうか?
また、具体的にどうしていけないのかも考えていかないといけないですよね。。。

とりあえずこれはここで区切ります。
あー、もっとこの授業ちゃんと出ればよかった。。。
スポンサーサイト
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<名づけについて | ice cream dropped. | He is gone.>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。