嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
まだ誰も吸っていない酸素
2012-04-13 Fri 07:57
そういえばニューヨークを歩いているとき、スケートリンクを見つけました。
そこで、彼と友達とわいわい行ったラウンド1の話になって。
ラウンド1のインラインスケートの話をして。
彼「涙がさ、あんまり滑れなかったら、こう、『きゃーっ』っていってしがみついてきたりさ、すると思ったのに、普通にうまく滑っちゃうんだもん・・・」
私「うん?」
彼「『うまく滑れないの』っていってしがみついてきたりさ、手をつないだりなんかして一緒に滑るのを、想像してたのに、普通に滑っちゃうんだもん・・・」
私「うんwwごめんwww」

この人なんてかわいいんだろうって思いますよね!

実際小さなころはインラインスケート大好きだったし、ちょっとは滑れるんだよということを示したかったので、がんばってたというのもあるけど><;


また、列車に乗っていて、車窓から噴水がある公園(?)が見えたときは、
私「おおおー噴水だー!」
彼「いつか噴水のある家を買ってあげるよ(キリッ」
私「いや、それはいらないかな」
彼「えっ・・・」
私「だって、家に噴水あっても・・・」
彼「そ、そうか・・・じゃあ何が欲しい?」
私「うーん・・・なにかほしいものあった気がするんだけど」
彼「なになに??」
私「あ、防音室ほしい!!」
彼「それ俺もほしい!!」

ということで防音室は確定らしいですね(。・ω・。)ノ
街を歩いていても、「おおーブランドやー」みたいなことを言うと「いつかお店ごと買ってあげる(キリッ」と言ってくれるのでとてもかわいいです。でもお店もブランド品もそんなにほしくないかなww
しっかりしたブランドのものは本当に価値がわかるようになったらほしいですね(。・ω・。)ノ
でも多分自分で買いたい(。・ω・。)ノ


最終日は寂しさでお互いテンションおかしくて
彼「涙、俺のこと好きですか」
私「もちろん好きですよ?」
彼「わーいわーい(つないだ手をぱたぱた)」
ということもありました。かわいいです。こんな息子がほしいですね。

とかいろいろ書いているのは単にとても寂しくなったからです。
アメリカにいたときは時差ボケで夜中起きても隣に彼がいたのに、今時差ボケで起きて猫を呼んでもぎゅーってすると嫌がられるし!布団をかけると嫌がるし!!
耐えどきなんですよね。。がんばりますよ、ええ。。

いうてこのブログご本人様もたまにご覧になるそうなんですけどね。
変なこと書いたけど許してね。。。

あと4週間とちょっと!
がんばるだー!
スポンサーサイト
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<旅をするときは一人、それが都会のルール | ice cream dropped. | 時差ぼけ。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。