嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
五月病?
2014-05-12 Mon 22:38
五月ですね!

人にとっての「普通」は本当に人それぞれで、それが面白くて、心底面倒臭いと思うのです。

普通、といえば。

「普通」って人が言うとき、人はあたかも「普通とは何か」ということをよくよく知っているように振る舞うけど、全然です。
もちろん私もです。
PerfumeのDream fighterという曲に「みんなが言う「普通」って、「平均」よりも良い状態のことを言ってるよね」みたいな歌詞がありまして、
私はその歌詞は聞き流してばかりで、敢えて意味を考えようとしたことが少し前までなかったのですが、
一回その歌詞の意味がちゃんとわかったら、尚更いい曲だなあと思えるようになりました。
PVのかしゆかはめっちゃ可愛いしね!

例えば、「あの子の顔面偏差値は割と普通」と思っていたとして、
50人くらい乗ってる通勤電車に乗って、周りの人ぐるっと見渡してランキングつけると、多分、件の「あの子」は25位よりもかなり上にランクインするんじゃない?17~8位くらい?
わかりやすいかどうかはわからないけど、私たちがいう「普通」って大体そんな感じ。
1から100のレベルがあったとして、50くらいを指して「普通」と言ってるつもりで、実際「普通」と思ってるのは数値で言うと70レベルくらい。という感じ。
それが気持ち悪くて、「平均」と「普通」のギャップを埋めようとして必死に例えたりして話そうと思うけど、うまくいかないんですよね。

「普通」を70レベルで捉えている人たちの中で「平均(50レベル)」という意味で普通という言葉を使っていると、大体「夢がない人」とか「冷たい」とか「現実主義的すぎる」とかいう印象持たれて、場が白けて、おしまいなのです。
「あの子可愛いよね」と言われると具体的に何レベルか数値的に判断しようとしてしまったり、
「確かに可愛いね」と言いながら、(世の中の平均はあなたが思ってるより低いから当たり前だけどね)と思ったり。

極端な話「普通の人でいいから恋人が欲しい」と言う人の元へ、なかなかお眼鏡にかなう「普通の人」が現れないのは、「普通以下の人」が思ってたよりも多すぎるからだろうと。
でもそこでおかしいのは「普通」の基準だろう、と。
切り捨てた「普通以下の人たち」の中にはもちろん「世の中の平均」やそれ以上の人もいたかもしれないけど、それじゃダメだったのでしょう。
だけど70レベルを普通だと思ってるから、その普通がなかなか実現できなくて辛いのでしょう。
だったらせめて自分が高望みしていることを素直に認めては。
「普通」を望むのは高望みなんです。

とかいうのが常日頃私が考えていることです。
性格悪いですね~(´・ω・`)
でもこういうこと考えるのって案外普通(平均的という意味で)なのかもしれない?
だって私なんぞが考えることだからね、他の人も考えそうですよね。
…という発想は社会学由来と言っていいのかしら。

社会人は板についたのかわからないです、
へとへとになりながらですが頑張ります。
勉強不足が日に日にわかるから嫌だわ~(>_<)
でもしっかり向き合って、素直に頑張っていかなければ…。
新人でいられるうちにね!
スポンサーサイト
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<一人前になりたい! | ice cream dropped. | 社会人>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。