嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
体内時計
2015-05-03 Sun 11:07
睡眠時間7時間半きっかりで目が覚める身体になりました。

体内時計ってすごい…((((;゚Д゚)))))))



最近、特に大きなデータを受信した記憶もあまりなく

いつも通りにiPhoneを使っていたつもりではありましたが、

急に通信が遅くなってしまいました。

ウェブの閲覧も不自由してしまって、

かといって取り立てて見ないと困るようなものでもないので、見られないなら見られないで過ごせるのですが、

ずっとこのままでは困るぞ、と。

動画もあまり見たりしないのですが、

最近は猫が人になでなでをおねだりする動画にハマっていまして

6~7秒の動画ではあるのですが、中毒性があって、もう何回見ても飽きないんでして

それが原因で遅くなったのかなあとも思います。



なんでも3日間のデータ通信量が1GBになると、通信速度が制限モードになることがあるらしくて

それのせいだったのかしら~?と思うのですが、でもなあ、と釈然としない気持ちです。

まあ、みんなスマホでネット繋ぎまくっている昨今ですから、

回線?も大変なんだと思います。

メカメカしいことはよくわからないですが…



せめて使っていないときはデータ通信を使わないように、と機内モードにして寝たら、朝には回復しました。良かった~。

これからも夜は機内モードにして寝ようかなあ。



色々書いておりますが、

さっき部屋でのんびりしているときにふと浮かんだ「これをブログに書こう」と思ったことを、案の定すっかり忘れてしまったのです。

書いているうちに思い出すかなあと思ったけどそうでもない。

ただ、これもまあ例によって、今書かないと困るようなことではなかったような気がするので、特に焦っているわけでもなく。

思い出したら、今度は、ちゃんとメモに残しておこう。

何回か「書こう」と思っていたトピックだったような気がするので、

またそのうち思い出せそうな気がする。

「気がする」ばっかりですが、

忘れてしまったことに対しては「気がする」がわかるだけでも助かるものですねえ。



最近は、将来どうしようかなあと漠然と考えています。

本当は、結婚するのにも、子ども産むのにも、家を買うのにも、親をはじめ周りの許可なんて必要ないのが自然なことなんですけど、

必要だと信じてやまない人はまだまだ多い。

それは先人の知恵といえばそうなのでしょうけれど、

理由やメリットとデメリットをちゃんと考えないままに、ただ思い込んで疑わないのはばかばかしい。



なんだか私は「自然」であることに割とこだわるみたいで、

食べ物はマクロビオティックじゃないと嫌だとか、オーガニックじゃないと嫌だとかまでは言わないものの、

何が入っているかわからないようなものはなるべく食べたくないと思っているし、

健康にスムーズに子どもを産むには、20代半ばまでがベストだと思うし

30歳以降の初産は、胎児の発育もスムーズじゃないことが出てくるし、なるべく避けたいと思っています。あくまで個人的にはです。

(よその人がどうしようと割と知ったこっちゃないので悪しからず。)

あーでも痛いのは嫌なので分娩は無痛が良いですwwwそこは文明に肖りますwwwだって痛くて良いことなんてないもんwwww

社会人になったら家を出て自活するのが、生き物全体から見てやっぱり自然なことだと思いますし、

(かといってこれも個人的な、あくまで自分一人についてなので、他の誰が実家暮らしであろうとやっぱりあんまり知ったこっちゃない。)



人間以外の生き物って自分で自分の家を作ることが多いのに、人間の場合は専門家にしか作れない(と思い込む)のって興味深いなあと思うようになりました。

水道管の工事やガスの工事や電線を引くのとかはどうしたらいいかわからないし、

もしかしたらガスと電気あたりは何処かから引っ張るのは諦めるかもしれませんが、

自分で自分の家を作れたらすごいかもしれないぞ、と思っています。

昨日は何をしたの?とか職場で聞かれたりして
「あ、家建ててました」とか言っちゃったら、
もう最高にファンキーでしょうね。
その後「どういうこと?」って聞かれたり、頭がいかれちゃったのかと心配されたりして、最高に面倒臭いでしょうけどね。

多分「私家建てる!自分で!」とか言ったら親は反対するでしょうし
ミシンで自分で自分の服を作ろうと思った時も何回も挫折して、挙句に「プロってすげえな」という結論を出して諦めた経験を生かすならば、ちょこちょこプロに頼るべきなのでしょう。
服が作れない人に家が作れるだろうか、とも思いますが、
両者に必要なスキルは、似ているところもあるし、全然違うところもありますから、また別の問題という気もします。
単純に考えて、被服学科で学士を取れば、建築も一丁前、なわけがありませんからね。
逆もまた然り。

いや、もちろんちょこちょこプロに頼るつもりではいるんですが、
自分が生きていく家を作るなら、
自分でできるところは自分でしてみたい。

大きな家を持った私の両親は、
小さな家に憧れる私を理解することができないかもしれない。
でも子どもが3人とも巣立っていって
やっとの思いでローンも払い切って
いくつも部屋が空いているとても大きな家の中で
歳をとって、動き回るのも辛い年齢になった私の両親は、
きっと何を思うのでしょうか。

マジョリティーに飲み込まれる必要は、私にはないというのが20数年ですが生きていてわかってきたので、気ままに生きていきたいなあ。
他人の人生に責任は取れませんが、
自分の人生なら責任が取れますから。

面白い人生にしたい。
スポンサーサイト
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<デザイン | ice cream dropped. | 皐月>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。