嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
昔のこと
2015-07-09 Thu 21:42
中学生の頃、クラスメートの男の子が、椅子に座ったまま、足を上げたところ、

机の横に掛けていたカバンの金具に、靴紐が引っかかってしまって、身動きが取れなくなって焦っていたことがありました。



なので私はそっと「まず靴を脱いだほうがいいよ」とアドバイスし、

男の子は「確かに!!」と言って靴を脱ぎ、まもなく靴紐は解けました。

周りを冷静に見たりということは、昔から得意なのかもしれません。


その当時、私はDV元カレに立派に洗脳されていたので
男性と話したことは全て報告しないといけませんでした。
(その翌年は「学校で起きたことを全て報告しないといけない」に進化していたので、私は友達と何を話したとか先生になんと言われたとかを全てボールペンで手のひらに書いていました。)
もちろん、男性とは一切口をきかないようにと言われていたので怒られます。

ただ、たまーに、元カレの機嫌によって、
「善意に基づいた行動であれば許す」ということがあったので(1回しかなかったけど)、
怒られないように怒られないようにと祈りながら、少しの希望をもって、
馬鹿正直に報告しちゃったんですよね~。

案の定、敢えて生温い言い方をすれば激おこぷんぷん丸で、
しっかり叩かれたし、しっかり土下座させられたんじゃなかったっけかな。
帰り道のど真ん中でね。

でももう10年も前のことです。
今でもたまに思い出すけど。
あんなことで叩かれたなあとか
あんなことで土下座させられたなあとか
今でも私、土下座に対する認識は他の人よりも低いんではないでしょうか。
簡単にさせられていたものですから。
とりあえず怒らせたら何分間か土下座して許しを乞い続けなければいけませんでしたから。

でも幼いなりに「こんなことごときで道の真ん中で、見世物のように土下座させられるなんておかしい」とは思ってたんだと思います。
とりあえず土下座して泣きながら許しを乞い、許されたら「別れたい」と言っていた気がします。
そしたら彼が「別れたくない」と土下座を始め…
なんていう茶番wwww

ただDVも共依存ですからね、
どなたかがすごく良い例えをしていたけど、洗濯機の中で回ってる洗濯物みたいなものなんですよね。
今でも、15歳にして回ってる洗濯物状態を自力で抜け出した私って結構すごいんじゃない?とたまに思います。
ただ、抜け出した後も悲惨でしたけど。

さっきたまたま背格好似てる人を見つけて
なんか殺意湧いちゃったので
今日、仕事中、「私自分のことは冷静に見られないな、あの時は靴を脱いだほうがいいって言えたのにな」と思い出しちゃったのもあって、
書き連ねてみました。



イエーイ、DV元カレ、見てるー??
スポンサーサイト
別窓 | 日々の彼是 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<体調の変化 | ice cream dropped. | 結婚ドリーム:補足>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。