嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ミニマム飲食
2016-05-04 Wed 20:29
ミニマリストさんたちのブログを流し読みしながら
部屋の中をすっきりさせようと奮闘する日々です。

同時に、食べるものや飲むものもミニマムにできないかなと考えています。
飲むものは既に実践中。

水をたくさん飲む健康法がありますが、私はその逆。
中医学では、水を飲みすぎると腎に負担がかかり、冷えなどの症状が出るという考え方もあります。

前までは、私はカフェインのお茶がすごーく好きで、ウーロン茶を特に煮出して必要以上によく飲んでおりました。
頻尿もさる事ながら、気圧が低い日にお腹を下すこともしょっちゅう。
しかし、気圧が低い日にお腹を下したりするのは、水毒の症状なんだそうです。
なので、体の水はけを良くしながら瘀血を改善していく漢方を見立ててもらって飲んでいました。
薬飲みながらお茶をがぶがぶ飲むのも変な話なんですが、止められなかったのです。

ただ、いくつか漢方関連の本を読んでいくにつれて、「必要以上に水分を取らなくてもよい」という言説に対して自然と納得がいくようになり、実践に至っています。
飲まないなら飲まないで大丈夫なものですね。
ちょっと風邪気味かしら、という時だけ、ポカリスェットをボトル一本飲んで電解質や水分を補給し、よく寝るようにしています。

もちろん無理して飲まないようにするなんてことはなくて、
身体の水分バランスを綿密に整えるイメージで、本当に飲みたいなと思うだけ飲むということです。
間を持たせるためだとか、たくさん注いじゃったからついでに飲み干すとか、そういうことをやめました。
いつの間にか、気圧が低くて天気の悪い日でも、お腹を下さないようになりましたよ。
不思議なものです。

食べるものについては、先日もジュースクレンズごっこの記事を書いたばかりですが
あの後、薬の副作用での身体のふらつきがなくなった後、結構身体が軽かったんです。
いつも朝ごはんをかなりしっかり食べても、お昼前に低血糖症を起こしてしまうので、職場にお菓子を置かせていただいているのですが、
あの朝はいつもよりも軽い朝ごはんだったにも関わらず、お腹はすいたものの、お昼まで低血糖症を起こさなくて済みました。
お昼も、セブンイレブンのとろろ蕎麦一つで満足。
食事が少なくても大丈夫になったんです。

現代人は食べ過ぎである、と警鐘を鳴らす人がいて
私も「そうだそうだ」と思いながら、でもついつい食べ過ぎてしまうのを、食べたくてしょうがなくなってしまうことを、どうしたらいいかわからなかったんです。
私は特に、「涙さんといえば痩せの大食い」と職場で言われるほど、たくさん食べることで有名でした。
ジュースクレンズごっこという断食でこの境地に来られるとは。
簡単にこの状態を維持できるとは思いませんが、飲みものと同じように、「必要だと思うだけ食べる」ことを心がけたいと思います。

とはいうものの。

昨日・今日と父方の祖父母の家を、父と訪ねておりました。
叔父一家も交えてバーベキューに行き、たくさん食べ、消化しきらないまま、夕飯時に予約をしてあった中華料理店へ。
一人前のラーメンを、祖母と半分ずつ分けて食べました。
正直食べなくても良いくらいお腹はすいていなかったのですが、家族や祖父母の手前食べないわけにはいかず…
祖母には特に「まだ若いのにそんなに痩せて、体に悪い。もっと太ったほうが良いだよ」と言われました。
(不健康なほど痩せてはいないんですが…)

私の少食化計画は三日目にして難航しましたが
今日一人暮らしの部屋に帰ってきたので、安心、安心。

結構、両親や祖父母がたくさん食べさせてくる人なので
とてもありがたいことなのですが
断食や少食をしたいなら一人暮らしの方がやっぱり良いですね。

多分両親とかの世代は「食べきれないほどたくさんの料理で持て成すのが美徳」という価値観も持っているんだと思うのですが
今後多分そういう文化は廃れていって、少食ブームが来ると思いますね。
少食をコンセプトにしたレトルト食品も出てきています。
ブームが来るからする、というわけではありませんが、ある程度価値観の変化が伴うようなブームは大きな波になりますから、時期に話題になるんではないかと思います。

ただグルメはなー。
お金になるんですよね。
テレビ番組にすれば安定した視聴率が取れるし、ほら、ないと生きていけないものだから。少食ブーム、もしかしたらメディアはあんまり出したがらないかもしれませんね。
でも少食ブームにそった飲食店メニューが増えれば、広告料も取れるし、良いのかな?
他の断捨離ブームやミニマリストブームも、従来のようにものが売れなくなり経済が回らなくなる可能性を孕みながら、ある程度話題になり、メディアに取り上げられたわけですから、多分少食もじきに話題になると思いますね。

食べきれないものを頼んで、苦しくなりながら食べきろうとする必要は、よく考えれば、最初からないんですよね。
(潔くタッパーを頼んで持ち帰るのは私は賛成派)
なんか、たくさん食べた方がお得な気がして、今までもつい大盛りにしてしまったりしてたんですが。
動けないほど食べるのは、身体に良いはずがないんだなあと。

一番顕著なのが、ブッフェですよね。
食べ放題だからって、盛りすぎて、食べすぎて、気持ち悪くなって、「こんなに食べなきゃよかった」と思ったりして。
私たちは苦しくなるために食べているんではない。
ブッフェを楽しいまま終わらせたいなら、腹八分目が肝心なのだなと、少し前に気づいたんです。

ですが、ブッフェに限らず、日常の食生活でも言えることなんですね。
「もう少し食べようと思えば食べられるんだけど」というところで、止めておく。
しばらく少食を意識してみます。

従姉妹たちにプレゼントをしました。
全て100均の材料のフラワーアレンジメント。
練習してもっと上手くなったら、フリマアプリで売りさばいて、副業にしちゃったりして…そんな上手く行かないか。
いくらで売れそうでしょうか?(笑)
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<少食続行中 | ice cream dropped. | ジュースクレンズごっこ終了>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。