嫉妬は恋じゃあない。束縛は愛じゃあない。ただの女の子の日記。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
1st anniversary
2008-01-27 Sun 00:03
今日でちょうどブログを開設して一年なんです!!
皆様ご閲覧本当にありがとうございます(>人<)
凄く嬉しいです。続けてよかった。
ブログを書いててよかったって思うことがいくつもあります。とても幸せに思います!!

拙い日記ですが、これからもよろしくお願いいたします☆+°

ではサブタイトルについて説明いたしましょうね。

「嫉妬は恋じゃあない」、とは。
凄く簡単なことです。
恋心を抱いていなくても、同性の友達でも、親でも、「嫉妬」の対象になるじゃないですか。
だから必ずしも嫉妬が恋ではありません、ということ。

・・・というシンプルな答えと、もう一つなかなかシビア(?)な答えがあるんです。

私はどうしてブログを作ろうと思ったのでしょう。
私は昔からインターネットというものが好きでした。インターネット上の交流とか、普通に楽しんでいました。今も楽しんでいます。
ただ、書き込みができない時期がありました。
私は普通にインターネットの掲示板などに書き込みしたかったし、インターネットの環境も整っていました。なんでできなかったか・・・一年ほど前は、それを禁止する存在があったんです。
禁止は明らかに恋ゆえの嫉妬から来るものでした。
最初は、本当に小さな禁止で、可愛らしいなと思うほどでしたが、私の悪い癖で、それが進行するのを許してしまったんです;
だけど今考えても誰が悪いのかはわからないから、責任追及とかはしないつもりです。
一年前の今日は、その禁止と手を切った日なんです。禁止を解く機会はあったのですけれども、解かなくても良いや、っておもってしまったんですね。変に慈悲深い自分が情けないです。
晴れてインターネット上で書き込み等ができるようになって、以前やっていたブログを、もう一回心新しく始めようと思って、このブログができたんですよー。
まぁ、それはさておき・・・
可愛らしい嫉妬から始まったはずの禁止。
だけれども進行するうちに、だんだん恋ゆえとは思えなくなってしまった。
そんな今更どうしようもない不信感と、何もできなかった自分への苛立ちを表したのが、「嫉妬は恋じゃあない」です。

一方、「束縛は愛じゃあない」についても動機は同じです。
こっちはただ残る後悔と、情けなさとか、申し訳なさ、これからのポリシーが込められてます。

そんな感じ。大したことないからがっかりされても仕方ないと思いますが(笑
でもどうぞこれからもよろしくお願いします!!
更新が少なくなるかも知れませんが、続けるので。たまに覗いてみて下さいませ。

では失礼いたします。
スポンサーサイト
別窓 | something 報告的 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ころころ。 | ice cream dropped. | なまえをよんでなにをしようというの、>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ice cream dropped. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。